メガネのクリーニングは水洗いが最適!レンズに傷をつけるNG行為とは?

スポンサードリンク

皆さんはメガネをかけていますか?

コンタクトが主流になっても、メガネの需要はまだまだ高いです。

ですがそのメガネを間違った方法でクリーニングしている方は多いかと思います。

適当な手入れだと、レンズに傷が入ってしまいメガネの寿命を縮めてしまうことに!?

スポンサードリンク

メガネの正しい手入れ方法

メガネには知らず知らずのうちに汚れが付着しています。

ほこりの他、皮脂汚れ化粧汚れ、時期によっては花粉が付着していることもありますね。

毎日使うものなので、気が付かないうちにたくさんの汚れがついていることも。

メガネをしっかりと手入れする場合、実は水洗いが適しています

普段なかなかメガネの水洗いなんてしないかもしれませんが、メガネの汚れを落とすには最適な方法です。

軽く汚れを落とすだけならレンズを拭くだけでいいんじゃない?と思う方も多いかもしれませんが、実はそれはあまり良くありません。

レンズを乾拭きをしてしまうと、レンズのコーティングに傷が入ってしまう可能性があるからです

レンズを傷つけずに洗浄するのであれば、水洗いが最適になります。

もし出先で水洗いができないときにレンズを拭きたくなったら、メガネ拭きでなるべく力を入れないようにふき取りましょう。

メガネの水洗い方法

さて、メガネの水洗い方法ですが

まずはメガネを外し、水道水で軽く洗ってほこりや花粉などを落としましょう

このとき、お湯で洗うのはNGです。レンズのコーティングは熱に弱く、はがれ落ちてしまうことがあります。

必ず水を使いましょう。

水洗い後もまだ皮脂や化粧汚れが残っている場合は、洗浄剤を使います

最近はメガネ用の洗浄剤が市販されていますので、そちらを使うのが良いですね。

もしメガネ用の洗浄液がない場合は、台所用の中性洗剤でも構いません。

2~3滴レンズに垂らして、指の腹で撫でるように洗いましょう。

フレームにも皮脂汚れが付着しやすいので、一緒に洗っておきます。

洗い終わったら洗剤がしっかりと流れ落ちるまですすいでください

また台所洗剤を使う場合は、必ず中性にしましょう。アルカリ性・弱アルカリ性の台所洗剤はやはりレンズのコーティングを落としてしまう可能性があります。

洗剤をすすぎ終わったら、最後はレンズの水をふき取ります。

吸水性のあるタオルやガーゼでポンポンと押さえるようして、レンズから水気を取っていきましょう。

レンズを傷つけるNG行為

以上がメガネのクリーニング方法になります。

気を付けるべきなのは

・乾拭きはダメ

・お湯を使わずに水で洗うこと

・中性洗剤を使う(アルカリ性はダメ)

ということですね。

これらは全部レンズを傷つけてしまう恐れがある行為です。

正確にはレンズのコーティングでしょうか。

コーティングに傷が入ってしまうと、見え方も変わってしまい、目に余計な負担がかかってしまいます。

傷ができた場合、もう1度コーティングをすれば元通りになることはありますが、傷の程度によっては治らないこともあるので、その時は交換してもらいましょう。

スポンサードリンク
あとがき

メガネをきれいにするなら水洗いが最適です。

乾拭きしちゃうとレンズに傷がつきやすいのです。

皆さんも気が付かないうちにレンズに傷を入れないためにも、これからは水洗いで行きましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする