とても便利な無料Wi-Fiスポット(公衆無線LAN)!でも危険性もたくさんある

スポンサードリンク

皆さんは外でWi-Fiスポットにアクセスすることはありますか?

毎月の通信量が心配な人は、パケットの消費(今でいうギガ)を節約できて助かりますよね。

ですが、だれでも使える無料のWi-Fiスポットにはたくさんの危険があること、ご存知でしたか?

スポンサードリンク

誰でも使える便利なサービス

無料のWi-Fiスポットは別名「公衆無線LAN」ともいわれていますね。

その名前の通り、誰でも使えるWi-Fiスポットになっています。

使い方も簡単で、スマホのWi-Fi設定から指定のアクセスポイントに接続するだけ。パスワードも必要なく、とても便利です。

スマホの通信量をなんとかやりくりしている人にとって、ギガを節約できるWi-Fiスポットの存在はありがたいものでしょう。

駅やコンビニなど、普段使う場所に設置されているのも大きいですね。最近は大学などにもあるようです。

ですが、その利便性に付け込んでくる悪い輩はいるものでして。

うっかり提供者不明のWi-Fiなんて使ってしまったら、あっという間に個人情報が盗まれてしまうことだってあるのです。

スポンサードリンク

個人情報収集目的のものも

Wifiスポットは、大抵わかりやすい名前になっています

お店の名前がそのままアクセスポイント名になっていることもありますね。

ですが、アクセスポイントの名前は提供者が簡単に変えることができます。

そのため、お店のWi-Fiスポットの名前をそのまま使って、そこに接続した人の個人情報を収集しようとする人もいるのです。

今の時代、パソコン1つあればこういったWi-Fiスポットは簡単に設置できます。スマホでもテザリング機能を使えば同じようなことができますね。

そしてテザリング機能を使ったことがある方はわかるかと思いますが、アクセスポイントの名前は簡単に変えることができてしまいます。

つまり誰でも簡単に、悪意のあるWi-Fiスポットが設置可能なのです。

もしそういったWi-Fiに接続してしまった場合、個人情報やスマートフォン内部のデータなどが盗み見られてしまうことがあります。

例えば自分や友人の連絡先保存していた写真や動画、スマホでネットショッピングをしていた場合はクレジットカードの情報まで見られてしまうことも。

スマホ端末そのものを乗っ取られてしまい、悪用されてしまうということだってあるのです。

スポンサードリンク

悪意のあるWi-Fiスポットに対処する

これに対処するには、1人1人が意識を高く持たなければなりません。

まず無料のWi-Fiスポットを使いたい場合は、誰が設置しているか分からないWi-Fiは使わない方が良いでしょう。

コンビニや、au・ドコモ・ソフトバンクといったキャリアが提供しているWi-Fiのように、事前の会員登録が必要なものを使うのが無難です。

また暗号化が「WEP」だったり、そもそも暗号化されていないWi-Fiも危険です。

暗号化は「WEP」のほかにも「WPA」「WPA2」などがあるのですが、中でもWEPは休止期の暗号化方式で、脆弱性が発見されています

これらへの接続も、避けた方が良いでしょう。

そして最後に、Wi-Fiスポットへ接続中は、個人情報を入力するような操作をしないよう心がけます。

具体的には会員サイトへの登録や、ネットショッピングなど。

もしそういった操作は基本的に家のWi-Fiを使うか、外で操作する場合はLTE通信で行いましょう。

スポンサードリンク
あとがき

いまや街中に当たり前のようにあるWi-Fiスポットですが、危険性もきちんと理解しておかないと、大変なことになってしまいます。

安全性をしっかりと確かめてから接続するようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする