硬水と軟水の違いって何?硬度は水の硬さじゃなく含まれる成分!

スポンサードリンク

硬水と軟水。

この文字を初めて見たときは水にも硬さがあるんだな~って思っていました。

実際にはそうではなくて、水の成分の違いによって分けられているのですが。

今回はこの硬水と軟水の違いを詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

硬水と軟水は“硬度”で決まる

硬水と軟水の違いを表すために、まず「硬度」について説明しましょう。

硬度というのは、水の硬さではなく、水1リットル中に含まれるカルシウムマグネシウムの量のことです

水1リットルの中にカルシウムやマグネシウムが100mg含まれているのであれば、その水の硬度は100mg/Lとなります。

そしてこの硬度によって硬水か軟水化が分けられ、WHO(世界保健機関)の定義によれば

硬度120mg/L未満だと軟水

硬度120mg/L以上だと硬水

となります。

(さらに細かく

硬度60mg/L未満が軟水

60~120㎎/Lが中程度の軟水

120~180mg/Lが硬水、

180mg/L以上が非常な硬水

と区分されることもあります)

日本の水道で流れている水はたいてい軟水ですね

カルシウムやマグネシウムなどはあまり含まれておらず、まろやかな口当たりになるのが特徴です。

一方でヨーロッパや北米あたりでは硬水の方が一般的になります。

ミネラルウォーターとしてよく知られるエビアンはフランスのブランドですよね。

硬度は304mg/Lで、非常に強い硬水となります。

カルシウムやマグネシウムが豊富で、それだけでミネラルを摂取することができるのですが、飲みなれていないと苦みや喉の引っ掛かりを感じることもあります

硬水・軟水を使うべき場面

硬水と軟水ですが、使う場面によっては硬水の方が適している・軟水の方が適しているということもありますので、ぜひ使い分けていきたいところです。

まずは日本で一般的な軟水の特徴を見ていきましょう。

軟水のメリット

日本料理に適している

軟水は基本的に無味無臭ですので、香りや素材の味を大事にする日本料理にはピッタリです。

あるいは紅茶やコーヒーの香りを楽しみたい場合も、軟水の方が適しています。

赤ちゃんや小さな子供でも飲みやすい

カルシウムやマグネシウムといえど、やっぱり胃腸がまだ未発達の赤ちゃんにとっては負担になります。

ですが軟水ならその心配はありませんので、使いやすいですね。

泡立ちがよく肌や髪にやさしい

軟水は硬水よりも石鹸を泡立てやすく、また肌や髪にやさしいといわれています。

硬水に含まれるカルシウムイオンマグネシウムイオンは、石鹸と化学反応を起こして泡立ちにくくさせてしまったり

肌を突っ張らせやすくしたり髪をパサパサにしてしまいやすくなるからです。

硬水のメリット

煮込み料理に適している

硬水に含まれているカルシウムやマグネシウムには、肉の臭みを消したりアクを取り除いてくれるので、煮込み料理に適しています。

便秘解消効果

マグネシウムは便通をよくする効果があるので、便秘の解消に期待ができます。

動脈硬化予防

カルシウムやマグネシウムには、血液をサラサラにする効果もあるといわれています。

動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞のリスクを高めてしまいますので、その予防に硬水を取り入れるのもいいでしょう。

スポンサードリンク

硬水にはデメリットもある

一方でクセの強い硬水にはデメリットもあります。

硬水のカルシウムやマグネシウムは体に好影響を与えてくれることが多いのですが、

腎臓機能に問題を抱えていると結石のリスクが高まってしまったり

胃腸が弱い人が飲むとお腹を壊しやすくなったりしてしまうのです。

軟水のデメリットは特に目立つものはありません。

しいていえば、水からミネラルを摂取できないくらいでしょうか。

ミネラルは現代人に不足しがちですので、水から気軽に摂取できれば大いに助かったのですが。

とはいえ軟水はたいていの場面で何も考えずに使用することができます

日本人の場合は、特に軟水に慣れ親しんでいるため、場面を選ぶ必要がないということですね。

一方で硬水の扱いに慣れていない分、体調や使う場面に注意しなければなりません。

ですがうまく使うと健康効果に期待ができますし、なにより水なので手軽に扱えますので、1度お試ししてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
あとがき

硬水と軟水は硬度、つまり水に含まれている成分の違いによって変わってきます。

日本ではたいてい軟水が使用されるので、軟水の方が飲みやすいと感じる方がほとんどかもしれませんね。

硬水はクセが強いのですが、健康効果にも期待ができるという1面もあり、体調や場面によっては軟水以上にありがたい存在になります。

上手く飲み分けていきたいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする