【東北編】2018年版・人気の花火大会まとめ

スポンサードリンク

7月も中盤に差し掛かってきましたが、猛暑日が当たり前になってきましたね。

岐阜のほうでは40度を超えた日もあったとか…。

ですが、夏はイベントで熱くなる季節でもあります。

今回は東北エリアで人気の花火大会を紹介していきましょう。

スポンサードリンク

【秋田】港まつり 能代の花火

会場:能代港下浜埠頭特設会場

日時:7月21日 19:30~

※雨天決行、荒天時は翌日に順延

7月21日に開催されるのが「港まつり 能代の花火」です。

今年のテーマは「楽しくなければ能代じゃない!Are you レディ?Okay!

女性の活躍に焦点を当てている演出が用意されているようです。

約1kmにも及ぶ超ワイドスターマイン花火や、尺玉の連発など、見ごたえも抜群。

有料席も用意されており、団体用・1人用とあるのですが、団体席はすでに売り切れのようです(7月19日時点)。

1人用の立見席であればまだチケットはあるようなので、早めにお求めください。

アクセスはJR五能線・能代駅から徒歩30分となります。有料のシャトルバスもありますので、そちらもぜひご利用ください。

【宮城】仙台七夕花火祭

会場:仙台西公園周辺

日時:8月5日 19:00~

※雨天決行、荒天時は中止

8月5日に行われるのが「仙台七夕花火祭」です。

仙台七夕まつりの前夜祭として行われる花火大会ですね。

仙台という市街地ながら非常に大規模な花火がみられるということで、毎年多くの人でにぎわいを見せています。

見どころは広瀬川周辺から打ち上げられるスターマイン花火。360度どこからでも鑑賞することができます。

有料席も設置されており、4人用のマス席が15,000円、同じく4人用のテーブル席が25,000円、2人用のテーブル席が12,500円、1人用のイス席が3,000円。

アクセスは仙台市地下鉄東西線・大町西公園駅から徒歩2分となっています。

スポンサードリンク

【青森】青森ねぶた祭協賛青森花火大会

会場:青森港

日時:8月7日 19:15~21:00

※雨天時は翌日に順延(当日15:00に決定)

8月7日に行われるのが「青森ねぶた祭協賛青森花火大会」です。

かの有名な「青森ねぶた祭」の最終日に打ち上げられる花火で、海上を運行するねぶたの、さらにその頭上で花火が咲き誇ります。とてもユニークな光景が見られますね。

ですが花火自体は本格的で、二尺の大玉や大型スターマイン花火など、充実したプログラムが用意されています。

有料席も設置されており、新中央埠頭側はA席4,000円・B席3,500円・C席2.000円、青い海公園側がA席4,000円・B席3,500円。

アクセスはJR青い森鉄道・青森駅から徒歩10分となっています。

【岩手】盛岡花火の祭典

会場:都南大橋下流北上川河畔

日時:8月11日 19:20~

※小雨決行 荒天時は翌日に順延(当日16:00に決定)

8月11日に行われるのが「盛岡花火の祭典」です。

全4部構成の、それぞれでのプログラムでバラエティに富んだ花火が楽しめるのが特徴。

特に「全国花火氏の共演」は、多数の花火師たちによって作られた10号玉が打ち上げられます

これだけの規模の花火がみられるのは、ここ以外なかなかありません。

それ以外のプログラムも充実しており、きっと満足のいくことでしょう。

有料エリアおよび有料席が設置されており有料エリアへの入場料は前売り200円・当日400円、

有料席の料金は、指定席が前売り1,300円・当日1,600円、いす席も前売り前売り1,300円・当日1,600円

(有料席の料金には入場料が含まれていますので、あらためて入場料を払う必要はありません)

アクセスはJR・盛岡駅から岩手県交通バス都南盛岡線に乗り換え、日赤前下車後徒歩3分ちなります。

当日はJR・盛岡駅から臨時バスも出ていますし、JR・岩手飯岡駅からのシャトルバスもありますので、そちらもご利用ください。

【岩手】釜石納涼花火大会

会場:釜石港

日時:8月12日 19:00~

※荒天時は翌日に順延

8月12日に行われるのが「釜石納涼花火大会」です。

釜石港のある三陸海岸の南部は、リアス式海岸としても有名。

この美しい海岸を舞台として広がっていく花火は、やはりなんとも言えない美しさをかもし出します

昨年に引き続き、大曲の花火協同組合の花火も打ちあがる予定だそうです。

アクセスはJR釜石線・釜石駅から徒歩15分となります。

【福島】「伊達のふる里夏祭り」大花火大会

会場:広瀬川親水公園

日時:8月12日 20:15~

※雨天時は翌日以降に順延

同じく8月12日に行われるのが「伊達のふる里夏祭り 大花火大会」です。

お昼ごろから夏祭りが開催され、ストリートイベントやステージイベントなどがあって大盛り上がり。

花火大会ではスターマイン花火や尺玉の連発など、迫力のあるプログラムを楽しむことができます。

アクセスは阿武隈急行・梁川駅から徒歩10分。

【福島】あさか野夏祭り

会場:郡山カルチャーパーク付近

日時:8月14日 19:30~

※小雨決行 荒天時は翌日に順延

8月14日に行われるのが「あさか野夏祭り」です。

尺玉やスターマイン花火など、迫力のある花火が多数。

打ち上げ場所は郡山カルチャーパーク付近の田園ですので、見晴らしがよく360度どこからでも花火を楽しむことができます

オープンスペースもあり、ゆったりとくつろぎながら鑑賞できるのもいいですね。

アクセスはJR東北新幹線・郡山駅から福島交通バスドリームランドに乗り換え、終点下車後すぐです。

【山形】酒田花火ショー

会場:最上川右岸

日時:8月14日 19:00~

※雨天時は翌日に順延

8月14日に行われるのが「酒田花火ショー」です。

打ち上げ総数は約2万発。100発以上の尺玉や水上スターマイン・空中スターマインの同時打上、さらには約2kmの超ワイドスターマイン花火など、迫力のある花火が多数。

特に今回はドローンからの映像が大型ビジョンに映し出されるそうで、今までにない光景が見られることでしょう。

有料の指定席が用意されており、4名までのマス席が8,000円、2名用のペアシート席が5,000円、2人用ペアイス席が5,000円。

アクセスはJR羽越本線・酒田駅から有料シャトルバスで10分となっています。

スポンサードリンク

【山形】赤川花火大会

会場:羽黒橋・三川橋

日時:8月18日 19:15~

※小雨決行、荒天時中止

8月18日に行われるのが「赤川花火大会」です。

日本の花火100選で10番以内に入るなど、全国でも高く評価されている花火大会。

見どころはなんといっても「全国デザイン花火競技会」でしょう。

全国トップクラスの腕を持つ花火師が一堂に会し、芸術性の高い花火が次々に打ち上げられていきます。

有料席も用意されているのですが、7月19日現在でチケットがあるのは4人用6,000の席のみとなっているようです。

アクセスはJR羽越本線・鶴岡駅から徒歩15分となります。臨時バスも運行しますので、そちらもご利用ください。

【秋田】全国花火競技大会大曲の花火

会場雄物川河畔大曲花火大橋下流

日時:8月25日 17:30~(昼花火の部)、18:50~(夜花火の部)

※雨天決行、荒天時は順延(順延日は後日決定)

8月25日に行われるのが「全国花火競技大会」です。

日本三大花火大会にも数えらる人気の花火大会で、通称「大曲の花火」とも呼ばれていますね。

その名の通り、全国の花火師たちの中から日本一を決めるこの大会。

昼花火」「10号玉の新入替割」「自由玉」「想像花火」の4部門で競技が行われ、デザイン性や色彩、創造性などが評価のポイントとなるようです。

さらに競技会とは別で、大会側が打ち上げる音楽ワイドスターマイン花火なども注目ですね。

アクセスはJR秋田新幹線・大曲駅から徒歩30分となります。

あとがき

いかがでしたか?

これから8月にかけてさらに厚くなっていくことが予想されますが、熱中症に気をつけながらイベントを楽しみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする