資料一括請求をせずに引っ越しをできるだけ安く済ませる方法の実践報告

引っ越しのシーズンは年明け後の2月ぐらいからが多いと思います。自分の希望で引っ越しする人、転勤や大学入学で引っ越しをする人など、理由は様々ですが内容は同じです。今回は僕が考えて実践した、引っ越し料金を安くする方法を書きますので、参考になればと思います。

資料一括請求は避けたほうが良い?

よくある「資料一括請求サービス」は、複数の業者さんの資料をまとめて請求できます。引っ越し業者や車の買取業者、塾などの習い事に多いですよね。

一見便利なサービスですが「資料を請求する」だけでは済まないのが普通です。各業者さんが資料を見てもらうだけでなく、何とかアポイントを取って説明をしようと、たくさんの電話がかかってきます。

携帯電話の番号しか記載しなかったのに、自宅の番号を調べてかけてくるツワモノもいるようです。これは状況によるとかなり迷惑なので、資料の一括請求はおすすめしません。

引っ越し時期を早めにする

まず基本的な事として、引っ越しをする日程はできるだけ3月に入らないようにします。3月は引っ越し業者の繁忙期なので、値引きがあまりされません。

3月を逃して4月に引っ越しをするとバタバタしてしまうスケジュールの人が多いので、結構足元を見られてしまいます。

4月に向けて引っ越したい場合は必ず3月ではなく2月中に引っ越しをする事をおすすめします。引っ越し先の家賃は日割りで計算してもらえる事も多いので、あわせて実行しましょう。

また、日取りを気しない人は「大安」の日も同様に値引きが期待できないので避けましょう。

見積もりの順番を決める

引っ越しをする時、必ず複数業者で見積もりを取ると思いますが、見積もりを取る順番を工夫する事で最終的に安くすることができます。僕の場合、大手2社の見積もりをまず取り、その内の安い方を中規模の引っ越し業者へ相談しました。

ここで中規模の会社は少しでも大手の見積もりを下回ってくれます。もし無理なら、他の中規模業者をあたります。そして、その見積もりを「アリさん」の会社へ持っていきます。

この時はネットや電話等ではなく営業マンと対面で交渉する環境がベストです。そこで出る金額は通常では一番安くなるのですが、さらに値下げが交渉できる方法があります。

スポンサードリンク

日取りや時間を交渉中に変更する

今までの方流れで得た、一番安いであろう見積もりをさらに安くするためには交渉中の日程変更です。簡単に言えば「仏滅」の日に日程を変更するという方法です。仏滅は引っ越しする人が少なく、引っ越し業者ではトラックと社員の手が余ってしまうので、稼働率を上げるために安くしてくれる傾向があります。

僕の場合、普通に「仏滅の日にしたらどれぐらい安くなりますか?」と聞くと15%ほど安くなりました。さらに、単身や少規模の引っ越しであれば「午後から」に変更すれば安くなる可能性が高いです。

引っ越し業者の都合として、午後からの引っ越しで見積もりが出せる場合は半日(4~5時間)の作業で済むという事なので、午前中に同規模の案件を入れて効率的にトラックや人員を配置できる可能性があるからです。

半日仕事だからといって引っ越し代金が半額になる事はありませんので、一日の経費で2件の作業を入れた方が利益率が高いですし、こういった交渉をしていくとで足元を見られる事はありません。むしろ協力的に色々な提案をしてくれます(笑)

僕の場合「午後からの半日作業で、さらに作業開始時間が不安定になっても良いなら、この日でしたらもう少し値引けます」逆提案されました。理由は「7時間程で完了予定の事務所移転案件が近くであり、それが終わってから、もしくは終了のメドが立った時点でもう1件(僕の引っ越し)を一部のスタッフが取り掛かる」という事でした。なるほどですよね。

こちらが要望する代わりに相手の要望があれば聞きますというスタンスなら、この様に結構正直に譲歩し合えます。こちらは安くしたい。相手は利益を出したい。そのためにこちらは日時を譲歩する。相手はできるだけ安くする。というwinwinな見積もりを作る事ができます。環境に関しても「良い金額が出たら今すぐ契約する」という対面の状況であると、営業マンはギリギリまで頑張ってくれます。

たまに「引っ越し完了後の1時間何でも手伝うサービス」みたいなものを無料で付けるという交渉をしてくる営業マンもいますが、引っ越し完了直後は手伝ってもらう内容を考える時間もないのでおすすめできません。

開梱を手伝わせるわけにもいかず、荷物の仕分けも準備できてない中、結局玄関の掃き掃除ぐらいしか依頼できないのが目に見えます。無料特典より低価格にこだわりましょう。

あとがき

業者さんに依頼するのに過度に値引きを要求するのは良くないという意見がありますが、お互いが相談し合えるような良い関係でなら問題ないと思います。赤字で依頼している事は絶対ないので引っ越し業者さんは必ず利益が出せるはずです。

むしろ引っ越し業者にとって仏滅に仕事が入る事は喜ばしい事なので、気負いする必要はありません。色々と工夫すれば引っ越し代金は安く済ませる事ができるので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする