小型犬として人気のチワックス。性格や飼い方などを学ぼう!

チワックスとはチワワとダックスフントのミックス犬です。人間で言うところのハーフですね。人間と同じで性格や体つきなどどちらかに寄る場合もあれば、顔はチワワで体はダックスなどなど色々なパターンがあります。

いまやペットショップでもハーフ犬は数多く販売されていますが、小さいからこそ気をつけなければいけない飼育に関する注意点がたくさんありますので知識をつけてから飼いましょう。

スポンサードリンク

犬種チワックスの性格とは

実は僕が現在飼っている犬種こそチワックスなのです。人間と同じように性格はそれぞれあるでしょうが、人懐っこさや好奇心旺盛な所はチワックスの代表的な性格だと思います。僕のチワックスはどんなに大きな犬でも相手の犬に威嚇されてても尻尾を振りまくって飛び込んでいきます。笑

怒られる事も多々あるんですが、そこがチワックスの良いところと言えますよね!チワックスはいまやペットショップに多く並ぶ犬種でミックス犬人気トップ3に入ります。チワワの可愛い目とちょうどいい長さになった胴体が売りです。中には警戒心が強い子もいるそうですが、大体は飼い主に忠実で甘えてきます。

チワックスを買うにはそれなりの覚悟と知識が必要になります。長く重い胴体をチワワの細い足で支えるのということは体に負担がかかります。かかりやすい病気などもあります。それについては後でご説明します。

犬種チワックスが吠える理由と原因

吠える理由は様々あり、チワックスに限らずどの犬種でも言えます。しつけは生後8カ月までが重要とされていますのでしつけをされる際はその点も頭に入れて行いましょう。吠えるという行為はアパートやマンションにお住いの場合はうるさく近隣トラブルになり兼ねませんし、一軒家だとしても小型犬、しいてはチワックスの高くうるさい声は防音性がかなり高くないかぎり外にまで聞こえてしまいます。

スポンサードリンク

吠えさせないしつけはしつけの中でも重要という事です。原因としましては、恐怖、警戒、要求、欲求不満、不安など様々ありますが痛みについては声の種類が違うのでわかるはずです。それは叱らず見てあげましょう。その他の原因ではまず叱る事が大事です。うるさくてイライラをただぶつけるように怒るのと叱るのは違います。しっかり目を見ていけないという事を教えないといけません。

なにか口で発しながら(ダメ!やシ!など)体のどこかを軽く叩くのが効果的です。そのしつけが大前提として直前対策の1つとしましては吠えた時に注意を引くぐらい大きな音を立てる事です。びっくりぐらい大きな音です。アルミの灰皿を床に投げるなどが代表的です。それを繰り返す事によって吠えたらあの音が鳴るという事を認識させて吠えるのを治すという方法です。

しかしやはり小さい頃のしつけが一番効果的で犬にとっても良い事です。ちなみに飼っているチワックスは声出ないの?ってほど吠えません。

犬種チワックスのかかりやすい病気とは

先ほども書いたようにチワックスはミックス犬ならではの体の構造をしているのでかかりやすい病気があります。細い足で重い胴体を支える事からヘルニアになりやすいです。これはかなり気をつけないとなってしまいます。僕のチワックスも2歳の時にヘルニアになってしまいました。知識があり、意識していてもかかってしまいます。幸い早期の発見だったので飲み薬と安静期間で治りました。

注意点としてはあまり階段を登らせない。足が短いので階段を上り下りするのは良くないようです。抱っこするときにお尻も持つ。体だけ持ち、胴体をブラブラさせておく抱っこの仕方はよくないです。狭い部屋で暴れさせない。小回りがあまりきかないので狭いところだと体に負担がかかるようです。

年を重ねればかかる確率は高まりますし、癖にもなりますので飼う際は気をつけるのと共に知識をつけましょう。フローリングで滑ってしまう足の毛をこまめに切るのも対策としては効果的です。肉球が機能するように滑りにくくしてあげましょう。

あとがき

小型犬ならではの体の弱さもあります。可愛いだけではチワックスは飼えません。チワックスが元気に育つよう人間も努力が必要という事を頭にいれて飼育を検討してみてくださいね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする