みずほ銀行の届出印を忘れた時の確認方法や紛失、変更の手続きについて

みずほ銀行の届出印を忘れてしまったのでそれを確認しに行ったときの話です。銀行の届出印を忘れてしまった!紛失してしまった!という方は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

みずほ銀行の届出印を忘れた場合の確認方法

みずほ銀行の届出印を忘れた際の確認方法はみずほ銀行の支店にいかないといけません。

正直、わざわざ銀行に行くのが面倒でインターネットとかで確認の手続きができないものかと探してみたのですが、結論は銀行に行くしかありません。

昔は通帳に届出印が載せられていたような気がするんですけどね。

本人以外が銀行届出印の確認をすることも可能ですが、本人の委任状や委任された人の身分証明書が必要になるのでよっぽど忙しくて時間が取れないという以外は本人が届出印の確認や変更を行ったほうが早いと思います。

みずほ銀行の場合は、受付というか案内人みたいな人に届出印の確認をしたいと言えば、紙を渡されるのでその紙に「これかな?」というハンコを押しまくれば届出印の確認をしてくれます。

なので、届出印の確認をする際には可能性のあるハンコを全て持っていくといいでしょう。
ハンコを押した紙の中に銀行の届出印があれば教えてくれますし、なければ紛失ということで、届出印の変更の手続きをしなければいけません。

みずほ銀行の届出印の変更手続きとかかる時間

みずほ銀行の届出印の変更手続きは、まず用紙に記入をして受付に提出をします。
僕が届出印の変更手続きをした際は、住所変更も必要だったので小さなタブレットも使用して届出印の変更手続きをしました。

みずほ銀行で届出印の変更をする際の持ち物
・新しく届出印にしたいハンコ
・通帳
・身分証明書

この3点が必要でした。
本来であれば旧届出印も必要になりますが、僕の場合はどのハンコかわからないので紛失したということで届出印の変更を行うことができました。

スポンサードリンク

また、身分証明書ですが、その時偶然運転免許証を持ち合わせていなくて保険証を出したのですが、そのせいか「干支」や「口座から毎月引き落とされている取引」についての質問に答えました。まあこの辺は本人であれば問題はないと思いますが・・・。

僕は口座を開設したみずほ銀行の支店で届出印の変更をしたのですが、別の支店でも届出印の変更をすることは可能のようです。

銀行の届出印の変更はもちろん無料で行うことができます。
なんだかんだ届出印の確認から変更まで、窓口に呼ばれてまた待って呼ばれてを繰り返し、30分ぐらい時間がかかったと思います。

もちろん、他にもお客さんがいましたが、混んでいるというわけではありませんでした。

みずほ銀行の届出印を変更してから反映されるまでの期間は?

届出印の変更自体は即日変更の手続きをしてくれましたが、変更が反映されるまでには5日間~7日間前後は期間がかかりますと窓口の人に言われました。

僕の場合は引越しに伴い、家賃の引き落としの手続きをするために銀行の届出印が必要だったので確認・変更を行ったのですが、事情を説明しておけば反映される前に、窓口にそういったことを話しておけば大丈夫のようです。

なので、仮に届出印の反映がギリギリになったとしてもおそらく問題ないでしょう。こればかりは窓口の人の言っていることを信じるしかありませんが。(笑)

現在のところ、銀行届出印を変更してからすぐに引き落としのために新しい銀行届出印を関係書類に使っていますが、問題はないようです。

即日かはわかりませんが、変更の手続きは比較的早く反映されるみたいですね。

あとがき

ちなみに銀行の届出印は実印とは別のハンコを使うことが望ましいようです。
これは、万が一紛失してしまった場合に、同じハンコを使っていると変更や廃止の手続きなどとてつもなく手間がかかるので分けておいたほうがいいそうです。

極端にいうと100均で購入できるハンコを届出印にしているという人もいます。
それもそれで悪用されるリスクがありそうですが、とりあえずは銀行印と実印は分けておくといいというのは間違いないようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする