人前で緊張してしまう理由と、直前にそれを予防するための対策について

大人になるにつれ、どんな業種の会社でもスピーチやプレゼンで人前で喋る機会が増えてくると思います。

僕自身が緊張してうまく喋れない人間なんですが、その対策や原因を探っていこうと思いますので御覧下さい。

スポンサードリンク

人前で緊張してしまう理由とは

理由は様々あります。
緊張してしまう人は「あがり症」とも言います。
人前であがってしまいうまく喋れない。顔が赤くなる。震える。などといった症状に陥ります。
まさに僕です。笑

理由はいくつかあります。
その理由はだいたい共通すると思われます。

色んな意味で気になる人間がいる。
年上、目上の人間がいる。
トップバッターで喋らなければいけない。
トリで喋らなければいけない。
大勢の目線が自分に向いている。

こんな所だと思います。
緊張を意識することでさらに自分を追い込む事になるのは百も承知なのですが中々難しいですよね。笑
原因は人にどう思われているのかという不安から来るようでひどい人は制御不能のようです。
主にプライドが高い人に見られます。

うまく見せよう、上手にやろう、かっこよくやろうという思いから自分を追い込んでしまいます。
まず恐怖心からきているただの幻想だという事を理解しましょう。
僕もよく友人などに言われるのですが、あなたが思っているほど周りはあなたを見ていない!笑
まさにその通りですね!

人前で緊張しない為の予防

緊張しない為には呼吸が最も効果的だと言われます。
呼吸というと簡単ですが、ただの呼吸ではなく深い呼吸。
深呼吸ですね。

鼻から吸い、口から吐くという腹式呼吸が効果的です。
常に呼吸を意識し、呼吸がうまくなれば制御することも不可能ではありません。
そして自分の意識の中にしっかりとした芯を持つことも重要です。
「絶対にあがらない」という意識を強く持つとまた違うと思います。

スポンサードリンク

僕自身の考えですが、そんな時は逆に楽しもうと思いながら望んでいます。失敗してもいいから大きな声で楽しく話そうと思うようにしています。
これも意識的な事で、対策というほどのものではありませんがやらないよりはマシだと考えます。

人前で緊張してしまった時の直前対策

意識していても緊張してしまう時はあります。意識してすぐに治るのなら誰も苦労しません。
そんな時に直前対策として役にたつ事があります。

しかしどれも気休め程度のもので治すには日頃の積み重ねと努力、強い意思が必要になる事をご承知置き下さい。
☆お肉を食べる。

実は肉を食べる事により、出る脳内物質があります。肉に含まれる成分が材料となり出る脳内物質が緊張をほぐす効果があります。
スピーチやプレゼンの1、2時間前にがっつり食べる事で効果を発揮するとされています。

☆首を冷やす。
冷やした刺激で緊張する神経を和らげ、リラックスする神経が働きます。

☆成功する自分を想像し強く意識する。
鏡などで発声練習をするのもいいと思います!

☆何度もイメージトレーニングをする。
頭の中で成功するイメージを植え付ける事です。脳を騙し、成功だけをイメージします。

あとがき

様々な対策を上げましたがやはりその場でどうにかなることではありません。
日頃の積み重ねが大事ということを再度理解してください。
慣れも経験も重要です。

積み重ねた自信は簡単には崩れません。
なので少しずつ、一歩一歩、自分の意識を高めて「自信」を積み重ねましょう。
何度も言うように、偉そうに言っている僕も努力している内の一人です。
御覧になっていただいた皆様と一緒に克服できるように僕自身も頑張っていきます!
最後になりますが、自分の中にある緊張という幻想を壊しましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする