ゴルフの時の首の紫外線対策@いつから始める?女性のファッションについて

ゴルフの時の紫外線対策はとても重要ですよね。

日焼け止めを塗るとかそういったことは普通だと思います。ただ、うっかり塗り忘れてしまう場合や、プラスアルファでできる紫外線対策について紹介しています。

スポンサードリンク

ゴルフの際の首の紫外線対策におすすめのグッズ

ゴルフの際にはしっかりと紫外線対策をすることをおすすめします。汗や雨などにも強いウォータープルーフタイプの日焼け止めを塗っておくと良いでしょう。

顔はもちろんのこと、首にも塗ることがポイントです。スプレータイプものもは、吹きかけるだけで紫外線対策ができるので、ゴルフのプレイの合間にも手がべたつかず、使用しやすいでしょう。また、首もとを隠す用に、つばがサイドからついているサンバイザーやキャップを使用するのも良いでしょう。高機能素材を使用したキャップは、熱中症予防にもなります。さらに、虫除けの成分が含まれた日焼け止めもおすすめです。ゴルフをする際にプレイに集中することができます。

ユーカリ葉油などが含まれており、虫さされから首すじを守ることができます。タートルネックタイプのウェアを着て首もとを隠す場合には、UVカットタイプものもや、吸収速乾性のもの、クール感が持続するなど、高機能素材のものを着用すると良いでしょう。

ゴルフをした後には、ビタミンCが含まれた化粧水などで首筋をはじめ、紫外線を浴びた部位にやさしくパッティングすると、鎮静効果やシミの予防対策になります。日焼け止めを塗った後はきちんとクレンジングすることも大切です。

ゴルフの紫外線対策はいつから始めるべき?

ゴルフをする際の紫外線対策は必要不可欠です。つばが広めの帽子や日傘やSPFの数値が高めの日焼け止めやUVケア効果がある化粧品などを駆使して紫外線から肌をしっかりと守りましょう。

紫外線対策を怠ると肌へのダメージとなってしまいメラノサイトからメラニンが生成されます。そのメラニンが色素沈着を引き起こすとシミの原因になってしまいます。メラニンの色素沈着を抑制するために抗酸化作用があるビタミンCを積極的に摂取して体の中からケアをするのも効果的です。

スポンサードリンク

ゴルフの紫外線対策はいつから始めるべきかについてですが、3月頃から積極的に行うべきです。紫外線が降り注ぐのは真夏だけではないということを理解しておきましょう。

3月頃から徐々に紫外線の量が増え始め、5~8月頃にピークを迎えます。その後、11月頃までは紫外線が強い日々が続きますので油断せずにきちんとした対策に努めていく必要があります。

ですので、ゴルフをする際は真冬以外常に紫外線対策をしておくというのがベストです。日頃から化粧品による保湿ケアを徹底して角質のバリア機能を高めてターンオーバーを促進させてメラニンが色素沈着しにくい健やかな肌環境に整えておくということも大切です。

女性のゴルフ時の紫外線対策のファッションについて

大自然がいっぱいで、四季折々の情景を楽しむこともゴルフの醍醐味となっていています。しかし、女性が楽しむ場合には野外でのスポーツになることから、どうしても気になるのが紫外線です。

最近では、オゾン層の破壊が危ぶまれていることもあり、以前よりも紫外線の量が増えて、大地に大量に強い紫外線が降り注いでいますから、しっかりと対策を取らないでいると、黒くなるだけでなく、メラニン色素の働きによって、シミやそばかすの原因にもなりますから、紫外線対策をしっかりと行えるような女性ファッションを楽しみましょう。

まずは、長袖長ズボンであることは必須です。
長ズボンでなくても、ミニスカートにレギンスといったスタイルでも肌の露出を防ぐことが出来ます。またグローブも片手だけのものではなく、両手に使うようにしましょう。

そして、帽子とサングラスを使用して、外部からの紫外線が肌に直接当たらないようにしましょう。全身が出来るだけ露出されないようにすることが大切です。

また、夏場でも紫外線対策がされているUV機能付きウエアなども販売されているので、こういった機能が付いている物を選びましょう。そして、日焼け止めをしっかり塗って紫外線を気にせずに思いっきりお洒落とゴルフを楽しみましょう。

あとがき

ゴルフの時はどうしても日焼けをしてしまうものですが、首を始めできるだけ日焼けをしないように紫外線対策は万全にしてゴルフに臨みたいですね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする