一人暮らし学生の最強節約術を思いつく限り挙げてみた

一人暮らしの学生にとって節約はとても重要なことです。
何かとお金がかかる学生生活ですが、一人暮らしとなると余計にお金が必要になることが多いですよね。

というわけで、僕が実際にやっていた節約術を含めて、学生がやるべき節約について思いつく限り挙げていきたいと思います。

そこは譲れないとかできないとか色々あると思いますが、どれか一つでも参考になればいいなと思います。

スポンサードリンク

アルバイトで考える一人暮らし学生の節約術

学生の節約術で最も重要なのはアルバイトではないかと思います。
お金を稼ぐために働く。」これはとても素晴らしいことですね。

しかし、アルバイトで稼ぎすぎると余計に出費が増えます。103万円以上で扶養から外れ、130万円以上で所得税・住民税・保険料が発生します。地域によって違いはありますが、131万円だと合わせて年間12万円~13万円の出費です。

年間130万円なんて高校生のアルバイトですら超える可能性がありますよね。なので節約のことを考えたら、扶養を死守することがとても大事です!!

ちなみに僕は高校の時のアルバイトですでに扶養から外れてしまったので、大学生になって一人暮らしを始めた時に本当にキツかったです。

働けど働けどお金がない状態ですね。
とは言っても、僕のように一人暮らしをするためのお金をアルバイトで稼ごうと思うとどう考えても130万円以内に所得を抑えることなんて不可能なわけです。

それをどうにかするための節約術があります。

130万円を超えそうになったら知人でも親戚でもいいので収入のない人に名義を借りて、アルバイト先にタイムカードを2枚にしてもらいます。

そうすることで二人分の枠(約260万円)ぐらいは働けます。当然そういう人が3人いれば枠は三倍になります。

ただこれはアルバイト先の協力と知人の協力が不可欠になります。
なので働き始めて間もない時は言い出せないかもしれませんし、なかなか所得のない人間を見つけて名義を借りるのも簡単なことではありません。

また、道徳的にも問題があると言えばあります。
なのでやるかやらないかはあなた次第ですが、かなりの節約にはなります。

もう一つは、なるべく個人経営のお店でアルバイトをすることです。
個人経営の場合、結構雑な会計処理をしている場合があったり、そもそも申告をしていない場合、業務委託契約で処理をしている所もあるのでそういったところでアルバイトをすると自分の所得も申告されない可能性があります。

例えば、夜のお店や雀荘なんかはそういうお店が多いです。このようなお店でアルバイトをしていると扶養から外れることもなくなります。

もしかしたらこれから確実に収入が年間で130万円以上超えているのに扶養から外れていない上に税金を払ったことがないと豪語している友達が現れたら間違いなくこのパターンです。基本どの業界でも大手の企業はちゃんと申告などをしているので130万円超えたら扶養から外れますし、税金関係の請求も来ることになります。

スポンサードリンク

もちろん、普通に申告をしている所がほとんどなのでもし節約できたらラッキーぐらいに思っていたほうがいいかもしれませんが、所得税や住民税、保険料の節約効果は抜群に高いです。

それ以外にアルバイトで節約できることと言えばまかない付の職場です。廃棄を貰えるコンビニのアルバイトもいいですね。

アルバイトの良いところは働いている時間は家にいないのでその間は電気代などを節約できるところも大きいです。

家にいないことが最大の節約

少し触れましたが、基本的に家にいなければそれだけで節約になります。

せっかく一人暮らしを始めたのに家にいないなんて何のための一人暮らしなんだと思うかもしれませんが、電気代にしても、ガス代にしても、水道代にしても家にいなければ当然その分は節約することができるのでオススメです。

それと、電気代は昼よりも夜のほうが高いですし、よく使うことになるので生活リズムを夜型から昼型に変えることも節約につながります。

学生であれば大学をフル活用することも節約になります。携帯の充電、Wi-Fiの活用など、とにかく大学でできることはなんでもしましょう。高い授業料を勉強だけではなく節約にも活かします。(笑)

あと大学で言えば授業によっては教科書が必要になります。これが地味に高いので先輩にもらうか、アマゾンなどで中古を探しましょう。

その後に大学の近くのブックオフに売れば普通の本よりも高く売れます。(笑)

その他モロモロの学生にオススメの節約術

大きな節約にはなりませんが、ちりも積もればということでちょっとした節約術についても紹介していきましょう。

・スーパーは家から近い一番安いところで買い物をする。
・スーパーへの買い物は常にエコバッグ持参
・閉店間際の時間帯は弁当などが安くなるのでそれを買う
・自炊の米は一度に炊飯器のマックスまで炊いて一食分ずつ冷凍する
・むしろご飯も多く作って冷蔵or冷凍
・洗濯はお風呂の残り湯を活用
・上記の理由からシャワーよりもお風呂を沸かす
・トイレのタンクにペットボトルを入れて水の節約
・むしろトイレは大学ですれば良くない?
・携帯電話を格安SIMに変更する。
・コンセントは待機電力がかかるので常に抜いておく
・お湯が必要な時はその都度沸かしたほうが良い
・冬場は人型シュラフでエアコン要らず!

思いついたらこの項目はどんどん増やしていきたいと思います。

あとがき

学生の節約術ですが、僕が思うに一番は友達との交際頻度を減らすことが最も節約になるような気がするのですが、それはなかなか難しいんですよね。

飲み会でも一度行くと3000円ぐらいはかかっちゃいますからね。むしろ飲み会に参加するために節約しているような気すらします。

なんでもかんでもちょこちょこ節約するよりは、自分の中で優劣をハッキリさせて「お金を使う物には使うけど使わないものは徹底して使わない」というほうが節約が苦にならないと思いますよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする