スノーボードの板と技の関係とオススメのスノボグッズ&ゲレンデをご紹介

スノーボードとは冬ならではのスポーツでスノボと略して使われる。

昔は多かったスキーを抜き、いまやゲレンデではスキーヤーよりスノーボーダーの方が多いのではないでしょうか。

下が雪だからと甘く見ていると大怪我すふ恐れやゲレンデによっては遭難の恐れもあるスポーツですので下準備をし、気をつけて楽しみましょう。

スポンサードリンク

スノーボードの板の種類と技

スノーボードで履く板には数々の種類があります。
値段もピンキリですので、自分がどのような滑りをしたいか明確にして、自分に合った板選びをしましょう。
まず初心者の方ですが、早く難しいターンをマスターして滑りたいタイプAと簡単なターンでいいからとりあえず滑りたいタイプBに分かれます。

タイプAの場合は「キャンバー」という種類がいいでしょう。
癖があり、最初慣れるのに苦労しますが後々の事を考えるとキャンバーなら難しいターンに対応できます。
タイプBの場合は「ロッカー」がいいでしょう。
これは普通のタイプの板です。

後々のターンやトリックなどに普通に対応できます。
また逆エッジになりにくいという特徴もあります。
逆エッジとは板が雪に引っかかって転んでしまう現象です。
トリックとは簡単に言うと技の事です。

180度や360度などクルクル回転したりすることです。グランドトリックといいます。
もっと細かく言うとたくさんあるのですが割愛します。
そんな方は「ダブルキャンバー」がオススメです。
ちなみに僕はダブルキャンバーです。

スノーボードの板には長さもあります。自分に合った長さの板でなければ操作性に支障をきたすので注意しましょう。
自分のスタイルに合った板を選んでも長さが合ってなければ無駄になります。
余談ですが、板の値段はピンキリですが中々高価な物が多いです。

滑っている間は身につけているのでいいですが、トイレに行ったり食事に行ったりと板と離れる場面もあります。
ゲレンデにはだいたい板を置く場所はあるんですが結構な無法地帯です。笑
それを狙った泥棒も数多く存在するので気をつけましょう。
対策としてはチェーン式の鍵をつける。

どうせかけるならロープ式はやめましょう。泥棒のプロはロープぐらいなら切ってしまいます。
一番いいのは常に持っておく事。
食事中などは邪魔ではありますが盗まれるよりずっといいです。
購入の際保険にも入れるので必ず入りましょう。

スノーボードのオススメのゲレンデは

やはりなんといっても北海道だと個人的には思います。
雪の質が段違いで良いと感じますのは僕だけでしょうか。笑
フワフワのサラサラですのでよく転んでしまう方にもオススメです。
痛くないです!
ただ最初にいい所に行ってしまうと他にいったとき満足感が失われがちなので注意しましょう。

スポンサードリンク

現実的に行きやすい場所で僕がオススメするのは竜王です。
場所は長野県ですね。
時期にもよりますが雪質はかなりいいと思います。
そしてコースも豊富で色々かじりたい人にはオススメです。
関係ないのですが竜王のゲレンデ内にあるメキシコ料理は美味しいのでオススメです。竜王にいくと僕は必ず行きます!

アクセス的なオススメで言うとやはりガーラですね。
場所は新潟です。
ガーラは他にはない駅直結のゲレンデなのです。新幹線で行って降りたらゲレンデという最高の場所です。
レンタル用品も充実しているのでそちらもオススメです。
スノーボードは行きは楽しみなので気楽なのですがどうしても帰りがだるくなります。笑
遊び兼スポーツなので体を使う為体力的にも帰りはだるいです。
そんな時にもオススメですね!

スノーボード用オススメグッズ御紹介

ウェアにボード、手袋、ゴーグルと必要な物を揃えるとお金がかかりますがどれも重要なアイテムなのです。
例えばゴーグルも必要ない時は必要ないのですが吹雪いている時は必需品です。
かつ、ケチになりやすいものを購入してしまうとすぐ曇ってしまったりと使えません。
ゴーグルは特に良いものを購入した方がいいでしょう。

本来板は毎年メンテナンスに出す必要があります。
メンテナンスとは板の裏側のワックスがけです。
ワックスがけをしないと板の滑りが悪くなり、本来の滑りや板の性能を引き出す事ができません。
しかしスノーボードとなウインタースポーツですので年に1シーズンです。
忘れてしまいますよね。笑

そんな時役にたつのが即席ワックスです。塗るタイプやスプレータイプなど色々な種類がありますので探してみましょう。ただ1シーズンは持ちませんので一番はメンテナンスに出すことです!

個人的に必要だと思うのはインナー手袋です。
分厚い手袋の内側にもう一枚薄い手袋をするのです。
中にはスマホも手袋のままいじれるものもあるのでオススメです!
寒さ対策にもなりますし、染みこんでくる水も二重にしておけば安心です!
グッズはまだまだたくさん役にたつものがあるので探してみましょう。

あとがき

スノーボードは立派なスポーツです。
シーズンが始まれば上級者でも約1年越しの滑りになるわけです。
日頃運動しているからはまだ平気ですが、入念なストレッチが必要です。
しっかり体をほぐさないとつってしまったり、肉離れしてしまったりとせっかくの楽しいスノーボードが台無しです。
準備運動はしっかり行うようにしましょうね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする