入社式の髪型で男性が気を付けるポイント!ツーブロックやパーマは大丈夫?

入社式の時の男性の髪型について調べてみました。
パーマは大丈夫なのか?ツーブロックは大丈夫なのか?といった疑問があるかと思います。

究極的に言えば、業種や職種、会社によって違うと言えますが、それを言ってしまってはおしまいということで調べてみました。

スポンサードリンク

入社式の髪型で男性が注意するポイントは?

男性が入社式の時の髪型で気を付けるポイントはどのようなところでしょうか?まず、内定後に届く資料の中に会社側から服装や髪形についての記載があることが多いのでそれに従うということが一番というのは間違いありません。

ただ、明確にサイドは耳にかからないようにとか細かく書かれていれば問題ありませんが、大体は「社会人らしい髪型」とか「社会人として節度のある髪型」のような形で曖昧になっていることがほとんどだと思います。

そこで、一番間違いない髪型ということでいえば「面接時の髪型」です。
内定も貰ったし、社会人になったのだから心機一転して髪型を変えていきたいという男性も多いと思いますが、入社式の時はまだグッと我慢したほうがいいです。

もし、ああしたい、こうしたいというような髪型があるのなら、入社式を終えて少ししてからチャレンジをしたほうが失敗しないです。

それほど第一印象は大事だということができます。
なので社会人になって気分を変えるためにも髪型を変えたいという気持ちはわかりますが、入社式の時は我慢しましょう。

入社式の髪型でツーブロックやパーマは大丈夫?

入社式の髪型でツーブロックやパーマは大丈夫なのでしょうか? もし先輩社員にそういった人がいるから自分も大丈夫だろうと思っていると危険です。ただ、面接時の髪型がツーブロックやパーマだったなら大丈夫です。

職種や会社によっても様々かと思いますが、「面接時の髪型」なら問題ありません。それだけが唯一の正解です。

個人的にはツーブロックだろうがパーマだろうが髪型を気にしたことはないタイプですが、気にする人は本当に気にしますね。

スポンサードリンク

まあそういう人は何を言ってもダメなんですけどね。(笑)
そういう人でも納得するのが「面接時の髪型」だということです。

何しろ、その髪型を見ても採用しているわけですからね。
パーマも強いパーマじゃなければ大丈夫とか、ツーブロックも耳が出ている髪型だから大丈夫という意見も当然あります。

また整髪料も付けて整えなきゃいけないけど、付けすぎはNGとか・・・。

入社式の髪型は、清潔感があって爽やかであれば良いと言いますよね。
それに付け加えさせてもらうと、「オシャレ感」がNGなんだと思います。(笑)

そうじゃなくて、緊張した初々しい感じでいてくれよ」と。

なので、まとめると「清潔感があり、爽やかであるけれど、オシャレじゃない。」これが入社式の髪型で求められていることでしょう。

パーマは職種にもよると思いますが、ツーブロックはどんな職種においてもよく見られる髪型です。
むしろ、刈り上げているほうがサッパリしていて長い髪よりかは良いと思います。
もちろん、ライン入れたりとかはNGですが・・・。

入社式前に会社に行く際にも髪型には注意!

入社式の時に髪型に注意するのはもちろんですが、入社前に懇親会や内定式に呼ばれることもあってその時にも髪型には注意しておきましょう。

当たり前ですが、「入社式の時にはちゃんとしていこうと思っています。」みたいな言い訳は通用しません。

ただ「学生気分が抜けてないな、この子」と思われて終了です。(笑)

中には内定から入社式までの間にふいうちのように呼びだす会社もあるので、「もう内定も決まったから入社式までの間は好きな髪型にしておこう!」と油断しないように気を付けておきたいものですね。

あとがき

ということで、入社式の髪型について調べてみました。
髪型としては確かに社会人としてふさわしいということが一番ですが、入社式においては「新入社員として」という見方をされるところに注意が必要です。

なので入社式の髪型に迷ったら「面接時の髪型」を思い出してください。(笑)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする