東京都内で3月に見られるイルミネーション3選~ホワイトデーにもオススメ~

イルミネーションと言えば、冬の寒い時期というイメージがありますが、冬が終わってもまだまだ見ることができるイルミネーションがあります。

ということで今回の記事は東京都内で3月に見ることのできるイルミネーションについて調べてみました。

ホワイトデーのデートにもオススメのスポットですよ!

スポンサードリンク

東京都内3月のオススメイルミネーションスポットその①

≪水族園イルミネーション≫

【場所】
葛西臨海水族園ゲート前

【住所】
東京都江戸川区臨海町6-2-3

【イルミネーション開催期間】
2016年12月8日(木)~2017年3月31日(金)

【イルミネーション電球数】
約4万球

【時間】
15:30~17:30

【料金】
入場料700円

【アクセス】
JR京葉線「葛西臨海公園駅」徒歩5分

【問い合わせ】
03-3869-5152

一時はすっからかんになってしまったマグロ水槽でも有名になった葛西臨海水族園。2017年は2月1日から電気設備の改修のため全面休園となっていましたが、3月に再開園しています。葛西臨海水族園のイルミネーションは水族園のシンボルともなっているガラスドームやその両脇にある植栽がイルミネーションで彩られています。

もちろん、イルミネーションだけでなく、水族園を楽しむこともできますし、葛西臨海公園にはダイヤと花の大観覧車や、川を挟んだ向かい側には東京ディズニーランド・シーというデートスポットもあります。大観覧車に乗って見るイルミネーションも絶景という評判のスポットです。

東京都内3月のオススメイルミネーションスポットその②

≪すみだ水族館「蜷川実花×クラゲ」≫

【場所】
すみだ水族館6F「クラゲ」ゾーン

【住所】
東京都墨田区押上一丁目1番2号 東京ソラマチ

【イルミネーション開催期間】
2016年11月8日(火)~2017年3月14日(火)

【時間】
終日開催(9時~21時)

【料金】
入場料/大人2,050円 高校生1,500円 中・小学生1,000円 幼児(3歳以上)600円

スポンサードリンク

【アクセス】
東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー」駅徒歩0分
東武スカイツリーライン・東京メトロ半蔵門線・京成押上線・都営地下鉄浅草線
「押上(スカイツリー前)」駅徒歩0分

【問い合わせ】
03-5619-1821

東京スカイツリータウンのウエストヤード5・6Fにあるすみだ水族館の中のクラゲゾーンで写真家であり、映画監督でもある蜷川実花さんの作品とクラゲのコラボレーション展示を楽しむことができます。
壁と天井に囲まれたクラゲ万華鏡トンネルに蜷川実花さんの作品が投影され、クラゲに照明、アロマが漂う空間はとても幻想的な雰囲気に仕上がっています。

ちなみに昼と夜では投影されている映像作品が変わります。
体験プログラムも充実しているので、カップルや家族でも楽しめるでしょう。

すみだ水族館なので、イルミネーションだけではなく水族館としても十分に楽しめますし、東京スカイツリーに行くのも良しとデートスポットとしてはかなりオススメです。

東京都内3月のオススメイルミネーションスポットその③

≪FROZEN VENUSFORT≫

【場所】
ヴィーナスフォート2F各所

【住所】
東京都江東区青海1-3-15

【イルミネーション開催期間】
2016年11月2日(水)~2017年3月中旬

【時間】
11:00~23:00

【料金】
なし
【アクセス】
りんかい線 「東京テレポート駅」徒歩3分

【問い合わせ】
03-3599-0700

東京駅や表参道ヒルズのプロジェクションマッピングを手掛けているクリエイティブチームNAKED Inc.が、中世ヨーロッパを模したヴィーナスフォートの館内をプロジェクションマッピングによって本の中のような世界を演出しているイベントです。

イルミネーションによるライトアップはクリスマスで終了していますが、プロジェクションマッピングによる演出は3月の中旬まで続いているようです。もちろん、プロジェクションマッピングだけでも見る価値は十分にあります。

イルミネーションついでにショッピングや食事、観覧車などももちろんあるのでホワイトデーのデートにはオススメのスポットです。

あとがき

イルミネーションというとクリスマス前後というイメージがありますが3月でもまだまだ楽しむことができるイルミネーションスポットがあるんですね!

さすがにクリスマスほどは混雑していないでしょうからあえて3月にイルミネーションを見に行くというのもオススメです。

またそれぞれのイルミネーションの近くには様々な施設もあるのでイルミネーションついでにホワイトデーのデートスポットとしても楽しめるんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする