一人暮らしの家具で最低限必要なものや費用、レンタルや中古について

一人暮らしを始める時って夢が膨らむというかとにかく楽しみですよね!
ただその一方で物件を決めたり、家具や家電を買い揃えたりするのは楽しいですが面倒だったりしますよね。

予算が豊富にあって好き放題に選べるのであればそれも楽しみしかありませんが、限られた予算の中で最低限必要なものを考えて揃えたりするのに色々調べたり考えたりしなければいけません。

この記事では一人暮らしを始める際に最低限必要な家具やかかる費用、またできるだけ節約をしたいという時に選択肢に入ってくるであろう家具のレンタル・リースや中古家具の注意点などについて調べてみましたのでこれから一人暮らしを始めるという人は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

一人暮らしの家具で最低限必要なものは?

一人暮らしの家具で最低限必要なものってなんだと思いますか?
ちなみに僕が過去見たことがある一人暮らしをしている人の家で「これは最低限すぎる!」と感じた人は、ベッドに一人掛けの座椅子のみというのを見たことがあります。

その人からすればそれが最低限必要なものだったのでしょう。
このように最低限必要なものと言ってもその人の感覚によるところが大きいです。

その上でよく取り上げられている一人暮らしに最低限必要な家具は・・・

「寝具」「テーブル」「カーテン」です。

カーテンがそもそも家具に入るのかはよくわかりませんが・・・。(笑)
寝具もベッドだと邪魔になる可能性もあるのでベッドじゃなくても寝ることができれば生活ができるということだと思います。

どこまでが家具という分類になるのかわかりませんが、ここから先は僕の中で最低限必要と思われる家具(生活雑貨)について紹介していきたいと思います。

「ソファー」・・・1Kだとソファーを置くと狭くなるし、ベッドの上が生活の
拠点となる場合は必要ないかもしれませんが、友達が来た時なんかにベッド代わりに
使うこともできたりしますのでスペースがあればあってもいいと思います。

「照明器具」・・・これは選んだ部屋によっては最初から付いていることもありますが、
付いていない場合は間違いなく最低限必要なものと言えるでしょう。

「姿鏡」・・・独立洗面台や、玄関にあれば必要ないと思いますが、お風呂場にしか鏡がない
という場合は結構必須になってくる家具だと思います。

「キッチンラック」・・・炊飯器や米びつ、電子レンジなどを置くことができるラックが
あると便利ですが、大きすぎると邪魔になることもありますし、冷蔵庫の上がそのスペースに
なっていることがほとんどですが、広いなら必要かなと思います。

「本棚」・・・最近は電子書籍もありますが、本や漫画、雑誌などがたくさんある場合は
やっぱり本棚に収納しておくことで部屋がすっきり見えます。

「テレビ台」・・・床に直でテレビを置くこともできますが、収納家具にもなるので
テレビ台、もしくはテレビを置けるラックがあるといいと思います。

一人暮らしの場合は多くてもこれぐらいの家具を揃えれば完璧でしょう。
部屋の大きさによっては逆に部屋が狭く感じてしまうので、一人暮らしの家具選びのポイントとしては、多様性のある家具を選ぶということが重要かと思います。

スポンサードリンク

例えば、テーブルでも、雑誌を収納することができるとか、ベッドになるソファーベッドとか、収納の付いているベッドなど、限られたスペースをできるだけ広く、スッキリ見せることができる家具をチョイスしていくことが大事です。

一人暮らしの家具にかかる費用は?

正直最低限の家具という点でみれば、5万円ぐらいの費用で揃えることができます。
ただ家具で注意したいのは、とにかく安いものでと揃えるとすぐに壊れて、捨てなきゃいけなくなるという問題が発生します

特に、組み立て家具には注意が必要です!(笑)
これは僕のDIY的なセンスが全くないからかもしれませんが、前に組み立て式のベッドを買ったことがあって、一応形的には問題なく組み立てることができたのですが、すぐにフレームの部分が壊れてしまいました。

大きな家具になると捨てるのが面倒ですし、処分にはお金もかかってきます。なので、耐久性や処分する時のことも考えて選ぶことも大事です。最近は組み立て式はやめて多少高くても完成品を探して買っています。

ちなみに最初に一人暮らしを始めた時はベッドじゃなくてマットレスでした。

家具・家電・生活必需品ということを考えるとどんなに安く揃えたとしても最低10万円~20万円の費用は必要になってくると思います。

なるべく一人暮らしにかかる費用を安くしたいという場合は家具のレンタルやリース、中古家具も選択肢に入ってくると思いますのでそれについても紹介しましょう。

一人暮らしの家具をレンタルや中古で節約する場合の注意点

できるだけ一人暮らしの家具にかかる費用を抑えたいという場合は
家具のレンタルやリース、中古品で節約をしているという人もいます。

このようなサイトを利用すれば家具や家電をレンタルすることができます。

http://www.kasite.com/

家具のレンタルやリース、中古品のメリットはなんといっても費用を抑えることができる点です。購入するとちょっと高い国産品の家具や家電を割安で使うことができますし、レンタルをすることで、組み立ての手間や処分を考える必要もなくなります。

もう一つはセットになっていることもあるので一つ一つの家具家電を選ぶ手間がなくなります。レンタルやリースにも新品・中古品を選ぶことができ、もちろん中古のほうが安いです。

レンタルの家具や家電で注意しなければいけないことは、万が一壊してしまった時のことや、レンタル期間中に引越しが決まった場合、新しい家にも持っていくことができるかどうか、契約を延長する場合の延長料金が高額になっていないかどうかの確認です。

あとがき

一人暮らしの家具について、最低限必要なものや費用などを調べてみました。

個人的には家具や家電もそうなのですが、「これがあったら便利かな~」と思いながら買い揃えるのではなく、「これはなきゃ困る」と思えるものだけを買っておいて、後のものは必要と感じたらその都度購入していくのがオススメです。

家電については下記の記事でまとめているので参考にしてくださいね。

・家電量販店のオススメ新生活家電セットを徹底比較

特に初めての一人暮らしの場合は、一人暮らしをしているという感動で多少の不便は乗り越えられる可能性が高いんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする