花粉症の舌下免疫療法を行う期間や治療の効果や費用について調べてみた

花粉症の舌下免疫療法というのは簡単に言えば「シダトレン」という治療薬を舌の裏側に垂らしてスギ花粉症を治していくという免疫療法です。シダトレンはちょっと酸味があって少し甘めの薬です。

テレビや新聞などでも取り上げられ、ついに保険適応となったことから花粉症対策として近頃さらに注目度を上げています。

そんな花粉症の舌下免疫療法のことが気になったので治療を行う期間や治療の効果、かかる費用などについて調べてみましたので興味がある方は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

花粉症の舌下免疫療法を行う期間について

花粉症の舌下免疫療法は一度行えば大丈夫というような治療法ではありません。では、どごぐらいの期間で治療を行っていくものなのでしょうか?

治療の効果には個人差があるので一概には言えませんが、舌下免疫療法を行う場合、期間としては2年~3年を一つのクールとして治療を進めて行くことが多いようです。そこで、治療の効果が確認できた場合、さらに期間を延長して治療を行います。

なので、すぐに効果があるというよりかは長期間で花粉症を治療していくことになります。しかし、5年程度治療を行って効果があればその後は長期間効果が持続すると考えられています。

数年後に症状が悪化した場合でも、また1年舌下免疫療法を行えば効果は元に戻るそうなのでこの辺が再発した場合に一から治療を行わなければいけない注射とは異なる部分ですね。

また、舌下免疫療法は注射とは違い、自分でも行うことができるので治療期間中の通院は薬を取りに行く際と経過観察をする際の通院のみになります。

舌下免疫療法に使われる「シダトレン」は新薬ですので、最初は病院でも2週間分しか処方することができないので通院は2週間に1回ぐらいのペースとなりますが、薬が維持量に達すると、1ヶ月に1回の通院や薬のみの処方も可能という医療機関もあります。

なので、花粉症の舌下免疫療法は長期間に渡る治療法になりますが、通院の頻度は少ないので続けやすい治療法ということもできるでしょう。

また、治療を始める際は花粉が飛散するよりも前から治療をスタートさせなければいけません。2月や3月ぐらいに花粉症の症状が出て、辛くなって舌下免疫療法を受けようと思っても次のシーズンまで治療をすることができないと断られてしまうでしょう。

期間としては6月~11月が花粉症の舌下免疫療法を始める目安となる期間となります。

花粉症の舌下免疫療法の効果はどれぐらい?

花粉症の舌下免疫療法の効果はどれぐらいあるのでしょうか?まず、現在のところ花粉症の舌下免疫療法と言ってもスギ花粉にしか効果はありません

スポンサードリンク

花粉症の舌下免疫療法を行っている治療院のホームページをいくつか見てみると、大体70%~80%程度の人に効果があるようです。臨床データとしては全体の80%の人が「完治、もしくは症状が軽減された」となっています。

実際に花粉症の舌下免疫療法を行ったことがあるという人の口コミを探してみると、同じような割合で効果があるという人と効果がなかったという人がいました。効果がない人の特徴としてはスギ花粉の他にも色々なアレルゲンを持っている人が挙げられます。

まだ花粉症の舌下免疫療法自体が新しい治療法なのでまだまだレーザー治療などに比べると実際に受けている人の口コミや体験談などが少ないですね。

レーザー治療だと薬もマスクもいらなくなったという人が多いのに比べると、花粉症の舌下免疫療法は症状が軽減したという人が多いような気がします。

しかし、舌下免疫療法自体が長期間の治療なのでまだ断定するのは早いと思いますが。
もしかしたら数年後には「完治した!」という人が増えるかもしれません。

・花粉症のレーザー治療の効果や持続期間についてはこちら

花粉症の舌下免疫療法にかかる費用について

花粉症の舌下免疫療法にかかる費用はどれぐらいになるのでしょうか?平成26年に保険適応となっているので保険適応での費用ですと大体1ヶ月で2000円~2500円程度です。

2年目以降は通院回数が減ったりしますので治療費がやや安くなるかもしれませんが、費用の平均ということでいうと大体このぐらいになるでしょう。

年間の費用でいうと2万円~3万円ということになります。保険適応になったことで金銭的な負担は大分軽減されていますね。

ちなみに花粉症の舌下免疫療法はスギ花粉のアレルギーがなければ保険適応になりません。そのため、初診ではスギ花粉のアレルギー検査を行いますのでその際に5000円程度のアレルギー検査の費用がかかりますもし、すでに他の医療機関やクリニックなどでスギ抗体陽性というデータがあれば検査は不要になりますので、検査費用もかかりません。

・花粉症のアレルギー検査は何科で料金はいくら?

その他にも12歳以下の小児や妊娠中の方、重度の喘息の方は保険適応外となります。検査の有無や病院の方針などによって舌下免疫療法の費用は少し変わると思いますが、もし、花粉症のあの辛い症状が治るなら個人的には安いと思ってしまいますね。

あとがき

花粉症の舌下免疫療法について色々と調べてみました。
スギ花粉のみという点と、治るのに長期間かかるという部分がちょっと微妙な感じもしますが、費用もそこまでかかりませんし、治療自体も自宅で行うことができるのでいいかもしれませんね。

保険適応になったということで舌下免疫療法を行ってくれる医療機関も増えましたしね。舌下免疫療法はアレルギー科や耳鼻科などで行うことができるようです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする