舌苔がブラシで取れない!舌苔をブラシ以外で落とす方法について

数年前から舌苔が気になっていて舌磨きをしています。
特にお酒を飲んだ次の日とかは朝起きると自分でもわかるぐらい口の中がネバネバした感じがして臭いと感じます。

舌苔がある時とない時だと口の中のサッパリ感が全然違いますし、自分で感じるニオイも全然違ってきます。

そこで、舌苔を除去するためにブラシやうがい、アメを舐めるなど色々と試してきたのですが、取れないこともあれば効果を感じるものもあったのでブラシに限らず、ブラシ以外でもできる舌苔の取り方を色々調べてみたので舌苔が気になるという方は参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

舌苔をブラシで取りたいのに取れない

実は、舌苔が口臭の原因となることを知ってから最初は爪で擦るように取っていた時期もあったのですが、爪はもちろん、歯ブラシなどで擦って取ろうと思うと、上手に取れないですし、舌を傷付けてしまうので要注意です。

一番手軽な方法は100均でも売られている舌磨き用のブラシでしょう。普通の歯ブラシと何が違うのかというと、磨きやすいように幅が広くなっていて、毛も歯ブラシよりも短く、若干柔らかくなっているように感じました。

舌磨きのブラシでも、ある程度は舌苔が取れているように感じることもあるのですが、思っていたほど綺麗には取れないというのが使ってみた正直な感想です。

どちらかというと舌苔を薄~く伸ばしているような感じがしました。きっと舌を傷付けないようにできているからだと思うんですけどね。

効果には今一つ納得できませんでした。しかも結構大きいので舌の奥まで突っ込もうとするとえづくんですよね。(笑)

ただ100均なのでエチケットとかたまに使うぐらいなら持っておいてもいいんじゃないかと思います。

僕はなんとなくブラシではこれ以上は取れないと感じたのでブラシではなくブラシ以外で舌苔を落とすことができるグッズはないか探しました。

舌苔をブラシ以外のグッズで除去する方法

そう思っていた時にたまたまテレビで郷ひろみさん愛用の舌磨きグッズを発見!
それがタンスクレーパーです。これですね。

スポンサードリンク

タンスクレーパーの使い方は両端を持って曲がった部分を舌に擦りつけるように使うことで、ブラシよりも安全に舌苔を取り除くことができるアイテムです。

レギュラーとソフトという面で分かれているのですがレギュラーは舌苔がめちゃくちゃ取れます!(笑)※ただ夢中になって強くやりすぎると舌がピリピリしたり出血するので注意です。

ちなみに僕は舌苔が気になる時や飲んだ次の日とかにレギュラーでやります。
正直舌ブラシなんかとは比べものにならないぐらい舌苔が取れます。

ただ、日本のメーカーではないので手に入れるのが難しいです。amazonや楽天でも販売されていますが、売り切れていることがほとんどです。

おそらく一度使うと舌ブラシには戻れなくなると思います。はちみつの飴を舐めるとか、舌を口の上に擦り付けるというブラシ以外の方法もありますが、あくまでも気休め程度だと個人的には思います。

舌磨きの効果や注意点について

舌磨きに関しては、専門家によっても良い悪いという意見が分かれています。
例えば、舌を傷付けることで、味覚がおかしくなったり、逆に汚れが付着しやすくなってしまうからやらないほうがいいという意見も多いです。

確かに、舌苔を綺麗に落とすことができるようになると毎日でもやりたくなります。きっとやりすぎは良くないんだろうなということはわかっていても舌苔で舌が白い状態だと個人的には汚いと思いますし、自分自身も口の中の不快感が気になります。

なので、この辺は個人の判断ですが、やりすぎなければ良いことだと思っています。アーユルヴェーダ的にも舌磨きは良いみたいですしね。(笑)

インフルエンザの予防になるという専門家もいます。

実際にどれだけの菌が除去されているのかとかは調べられないのでわかりませんが、「口の中がさっぱりする」「口臭が減る」という効果は実感できると思います。

あと、病気が原因で舌苔が付いているということもあるようです。
タンスクレーパーを使っても毎日のように舌苔が付いているとか取れないという場合はもしかしたら病気かもしれないのでそういう場合は歯医者さんに相談してみましょう。

あとがき

ということで舌苔の取り方について、ブラシ以外のオススメの方法を紹介しましたが、郷ひろみさんの使っているタンスクレーパーは入手困難になっているかもしれません。一応通販などでは他のタンスクレーパーもあるんですけどね。

ただ主流は舌磨き専用のブラシなんですよね。
日本のメーカーも開発すれば売れると思うのですが・・・。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする