ホワイトデーのお返しに香水を選ぶ意味や失敗談、オススメの香水プレゼント例について

ホワイトデーのお返しは何にするべきか悩みますよね。
香水であれば値段的にもバリエーション的にも良さそうな気がしますが、何も考えずにホワイトデーのお返しに香水をプレゼントすると失敗する可能性もあります

そこで、ホワイトデーのお返しに香水を選ぶ意味や失敗談、どうしても香水をプレゼントしたい時にオススメの香水について調べてみたので参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

そもそも香水をプレゼントに贈る意味とは?

ホワイトデーのお返しに香水を選ぶということにはどのような意味があるのでしょうか?

個人的な意見としては値段的にも種類的にも香水なら色々な幅があって選ぶことができるので、食べ物とか甘いものに興味のない女の人なら香水がちょうどいいのかなと思っていたのですが、調べてみるとどうやらそういうわけでもないようですね。

特に日本の女子にとっては香水のプレゼントは結構重いもののようです。(笑)プレゼントには色々な意味があるもので、例えば女性が男性にネクタイを贈ると、「あなたに首ったけ」とか「尊敬」という意味が込められているようです。

その流れで香水のプレゼントの意味を調べてみると「相手を独占したい」というような意味になるそうです。

なのでうっかり義理チョコのお返しに香水をプレゼントすると思わぬ勘違いを引き起こしてしまったり、気持ち悪ッ!と思われる可能性も・・・。

あくまでも形式的な意味ですし、相手がその意味を知っているとも限りませんが、ちょっと香水はホワイトデーのお返しとしては難易度が高いようです。

ホワイトデーのお返しに香水を選んだ失敗談

香水をプレゼントに贈る意味にもありましたが、やはりお返しに香水を選ぶ時は付き合っている相手とかそれなりに親密な関係の時にしておいたほうが良さそうです。

また、香りというのは本当に好き嫌いが出やすいものでもあります。

スポンサードリンク

なので普段香水を使っているからという理由で安易に自分の好きな香りの香水をプレゼントしてしまってそれが相手の好みに合わなかった場合、使われないだけならまだしも相手に気を使わせてしまう可能性もあるので注意が必要です。

例えば、ホワイトデーのお返しに香水をもらったという女性の話では、全く自分の好みの香りではない香水をプレゼントされたけど、本当に使いたくない。でもプレゼントでもらったから使わないのも悪いし・・・どうすればいいの!?

と、このように喜ばれるどころか悩ませてしまうことにもなりかねません。ですので、ホワイトデーのお返しに香水をプレゼントしたいという場合は、相手の好みの香りに合わせて香水を選ぶというのが基本となるでしょう。

相手の女性との関係性によっては、自分の好きな香りの香水を付けてもらいたいとプレゼントするのもいいのかもしれませんが、かなりハードルは高いです。

ホワイトデーのお返しに香水を選ぶなら詰め合わせ?

ということで、ホワイトデーのお返しに香水をプレゼントすることはハードルの高いことではあるものの、それでも香水を贈りたい!という場合はどうすればいいのでしょうか?

まず一番は相手の好みの香水をプレゼントするのが一番無難でしょう。すでに使っている香水や、カップルであれば一緒に選びに行って買ってあげるのもいいかもしれません。

人気があるからとか、自分が好きだから、と言った理由で選ぶと大けがする可能性もあります。相手の好きな香りもわからないけどそれでも香水をプレゼントしたいというタダならぬ覚悟を持っているという場合なら、「数打ちゃ当たる作戦」で香水の小瓶の詰め合わせがいいかもしれません。

そして、渡す時に部屋のインテリアにでも、などと使わなくても大丈夫という言葉を添えると相手もあまりプレッシャーを感じませんし、雑貨好きな人なら喜ばれるかもしれません。

あとがき

ということで、ホワイトデーのお返しに香水を選ぶというのはなかなか難易度が高いので値段的にはちょうど良さそうな感じもしますが香水を選ぶなら雑貨とかお菓子とかにしておいたほうが無難な気がします。

特に義理チョコのお返しで香水は変に勘違いされる危険もあるので要注意です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする