花粉症の薬はいつから飲む?病院に行く時期や薬の処方日数について

これから本格的な花粉シーズンが始まりますね。
僕の場合花粉症の症状は出たり出なかったりするのですが、今年は花粉の量が例年よりも多いみたいなので警戒しています。

ということで、今回は花粉症の薬に焦点をあてて、いつから飲むべきなのか?病院に行く時期や処方薬はどれぐらいの日数分もらうことができるのかといったことについて調べてみました。

病院に行く暇がない場合に花粉症の処方薬を手に入れる方法も紹介しています。

スポンサードリンク

花粉症の薬はいつから飲み始めるのがいいの?

花粉症の薬はいつから飲み始めるのがいいのでしょうか?
病院で受診したり、薬剤師さんに「いつから飲み始めるのがいいのか」と聞くと大体花粉が飛び始める2週間ぐらい前から飲み始めてくださいということが多いです。

花粉症の薬は飛び始める前から飲んでおくと症状が軽減されるためです。
花粉症と言っても様々な花粉があるので一概には言えませんが、一般的なスギ花粉だと全国的にいうと2月半ばから飛び始めるので2月に入ってから花粉症の薬を飲めばある程度症状を軽減させることができるかもしれません。

より正確に知りたいという場合はまず耳鼻咽喉科でできるアレルギー検査でどの花粉に対してアレルギーがあるのかを調べて、お住まいの地域でのその花粉の飛散時期を調べてそれに合わせて飲み始めることをオススメします。

・気象庁の花粉飛散情報に関するページ

初めて花粉症の症状が出たという方は事前に薬を飲み始めるのは難しいかもしれませんが、一度花粉症を経験している人は早めに花粉症の薬を飲み始めておきたいものですね。

花粉症で病院に行くなら時期は早めが良い?

花粉症で病院に行く時期についてですが、これも早めに越したことはありません。
なぜなら、先程も触れましたように花粉症の薬は花粉が飛散し始める前に服用を始めることでその症状を軽減させることができるからです。

もう一つの理由は花粉症の本格シーズンになると、当然患者数が増えるので病院での待ち時間が長くなってしまうので早めに行くことで混雑を避けられます

スポンサードリンク

すでに花粉症の症状に悩まされた経験がある人は大体年明けにはすでにかかりつけの病院に行って薬を処方してもらって花粉症対策を始めるという方が多いようです。

花粉が飛び始める前の症状が出ていない段階で耳鼻科に行って薬は処方してもらえるの?」と疑問に思われている方もいると思いますが、毎年花粉症の症状が出ていて早い時期から予防しておきたいということを伝えれば花粉症の薬を処方してもらうことができます。

花粉症で病院に行く場合は耳鼻咽喉科や内科、アレルギー科、総合病院などで花粉症の薬を処方してもらうことができます。

花粉症の処方薬はどれぐらいの日数分もらえるの?

花粉症の処方薬は一度行ったらどれぐらいの日数分の薬をもらえるのでしょうか?
これは、人によって違います。
例えば7日分という方もいますし、一気に60日分もらうという人もいるようです。

この辺はその人というよりかは病院や医師の方針によって日数が変わるようです。
ただ忙しくてなかなか病院に行くことができないという場合はそういった事情を説明すると長い日数分の薬を処方してもらえるということもあるようです。

花粉症の薬は市販薬でも様々な種類があるのでとりあえず代用するのもいいですが、処方薬のほうが効果が高いので処方薬が欲しいという方もいるでしょう。

処方薬を処方箋なしで飲むことはオススメしませんが、欲しい薬が決まっていて病院に行くのが面倒だという場合は個人輸入代行で手に入れる方法もあります。

花粉症の薬でいうとアレグラやジルテック、ザイザルなどは個人輸入代行で購入できます。個人輸入代行がどのような仕組みなのかという説明はここでは省きます。

僕がたまに使っているサイトはベストケンコーという個人輸入代行の通販です。なんとなくいくつかのサイトを比較してみて一番安心できると思ったからで、実際に今のところは何の問題もなく使っています。


花粉症バナー234×60

あとがき

ということで、花粉症の薬について色々と調べてみました。
花粉症の本格シーズンに入ると本当に病院が混んでいて待つのもしんどいですよね。

なのですでに花粉症を経験しているという方は早めの受診をオススメします。
症状が軽い場合は市販薬で対応するというのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする