二日酔いに「ハイチオールCVSヘパリーゼVSしじみ習慣」を比較してみた

ここ数年二日酔いのひどさに悩まされています。「もう二度と酒なんか飲むもんか!」と何度思ったことか・・・。

飲む量を減らすなんてこともできません。辿り着いたのは、「いかに二日酔いのダメージを軽減させるか?」でした。

そこでこれまでに色々と試してきたのですが、その中から二日酔い対策の話題によく上る、「ハイチオールC」と「ヘパリーゼ」と「しじみ習慣」を実際に二日酔い対策として使ってみてどうだったのか、医学的根拠など一切なしで独断と偏見によって比較してみました。(笑)

また、コストパフォーマンスなど日常的に使える二日酔い対策となるかどうかという点についても紹介しています。

ちなみに飲むタイミングは飲んで家に帰って寝る前に飲んでいます。
これはなんとなく自分の経験の中で、飲んでいる最中は吐いたら意味がない、朝起きた時だとすでに二日酔いになっているので手遅れという感じがしたので「二日酔いにならないためにも!」という願いを込めて寝る前にしています。

それぞれどれだけ飲んだかは・・・・覚えていません。(笑)
あくまで感覚的なものなので信じるか信じないかはあなた次第です!

スポンサードリンク

二日酔いにハイチオールCを飲んでみた

二日酔いにハイチオールCが良いというのはよく言われていることですよね。なんでいいのかというと、「効果・効能」にハッキリと二日酔いと書いてあるからです。

さすが今回の対決の中で唯一の二日酔い効果のある医薬品です。
飲んでみるとわかると思いますが、ハイチオールCの何が素晴らしいのかというと飲むと「二日酔いからの回復が早く感じられる」ということです。

なので僕の場合、寝る前はもちろんですが、起きてからもハイチオールCを飲みます。もう飲んだ次の日はハイチオールCを1日3回飲みます。(笑)

二日酔いにならないか?と言われるとそうでもないです。寝る前のタイミングでハイチオールCを飲んでも二日酔いになる時はなります!

ただ、二日酔いの回復が早くなるのはとても喜ばしいことですし、この後紹介するヘパリーゼやウコンの力、生薬系の胃薬みたいにクセがないのが素晴らしい!

錠剤なので当たり前なんですけどね。(笑)
よく二日酔いになったら胃薬飲めばいいじゃんと言う人がいますが、二日酔いの時にソルマックとか飲もうものならその瞬間にリバースしてしまいます。

ちなみに僕が愛用しているのは「ハイチオールCプラス180錠

希望小売価格が税抜4200円なので薬局なんかでも4500円ぐらいで買えます。

1回2錠で90回分なので1回分が大体50円ぐらいということになります。ハイチオールCの良いところはこのコストパフォーマンスの良さでもあります。

飲み会前にコンビニでウコンの力を買うぐらいならハイチオールCを買っておいて家に帰ってから飲むとか常に持っておいて飲み会の後に飲むとかしたほうがよっぽど効果もありますし、リーズナブルだと思います。

なので僕はハイチオールCを家に常備しています。もしかしたら、しみ・そばかす知らない間に治っているかもしれません。(笑)

二日酔いにヘパリーゼはどうなの?

続きましてはヘパリーゼです。
ヘパリーゼと言ってもいろいろありますよね。
僕がよく飲んでいるのはゼリア新薬の「新ヘパリーゼ」です。

スポンサードリンク

コンビニで売られているヘパリーゼはただの清涼飲料水なのでハナから二日酔いへの効果もへったくれもありません。
もちろん飲んだことはありますが、気休めにもならないです。
なのでこれから先のヘパリーゼはコンビニで買えるものではなく薬局で売られているヘパリーゼのことだと思ってください。

ヘパリーゼも医薬品ではあるのですが、その効果・効能には二日酔いというのはなく滋養強壮や胃腸障害、肉体疲労などがあります。

実は、このヘパリーゼを初めて飲んだ時、その時飲んだタイミングは飲み会の前だったのですが、もういくらでも飲めるんじゃないかという程の無双状態になったことがあります。

そんな若い頃の経験があったので、ここぞという時に飲んできたのですが最近はあんまり凄さを感じません。身体が慣れてしまったのか、単純に年を取ったからなのかはわかりませんが・・・。

二日酔いというよりかは飲んだ次の日のちょっとした胃もたれ感が軽減される感じです。おそろしく飲んだ日にヘパリーゼを飲んでも普通に二日酔いになります。(笑)

ただ、一度も飲んだことがないという人には試してほしいですね。二日酔いというよりかは飲んだらすぐに気持ち悪くなってしまうような人にはぜひ!

しかしこのヘパリーゼドリンクはコストパフォーマンスはあまり良くありません。
特に1本だけで買うと200円~300円ぐらいします。

なのでいつも3本セットを買うのですがそれでも1本あたり200円ちょいぐらいです。
楽天なんかで10本セットで買うと1本170円ぐらいになるんですけどね。

ということで最近はヘパリーゼはあんまり二日酔い対策には使っていません。

二日酔いにしじみ習慣はどうなの?

昨日もまた飲みましたね?」のCMでも有名なしじみ習慣。
正直CMに出てくる人がやらせ感満載なのと医薬品ではない健康食品?サプリ?なのでまったくノーマークだったのですが、一緒に飲んだりする人がことごとく「あれは良い」とネットワークビジネスのごとく勧めてくるので騙された気分で飲んでみました。

まあでも飲んだ後にコンビニでしじみの味噌汁を飲むと結構次の日体調いいなんてことも経験してきたので地味に期待していたのですが、これはなかなか良いです。

そりゃあ無料サンプルであれだけ配るよなと思います。
リピートしちゃいましたからね。(笑)
一度飲んだらもうコンビニでウコンの力とかには戻れないと思います。
そもそも「ウコン」じゃなくて「しじみ」だったんだなと気が付くでしょう。

この衝撃は初めてヘパリーゼを飲んだ時の衝撃と似ています。ただ、しじみ習慣はあくまでも二日酔い対策として寝る前に飲んでいます。なので二日酔い対策にはピッタリと言えるでしょう。

毎日飲むことが良いと送られてくるメールマガジンには書かれていますが、普通に飲んだ時にだけでも十分かなと個人的には思っています。

そう考えるとしじみ習慣は送料込で4430円で60粒。
1回2粒なので30回分と考えると1回分が約150円となります。

コストパフォーマンス自体もハイチオールCにはかないませんが、ヘパリーゼよりは良いです。個人的には二日酔い防止を考えると一番かなと思ってます。

定期購入だと送料が無料になるのでもうちょっと1回あたりが安くなりますが、特に毎日飲む必要性は感じていないので定期購入にはしていません。

あとがき

ということで完全な主観でハイチオールCとヘパリーゼとしじみ習慣を比べてみました。

今はどのようにしているのかというと、基本はハイチオールCを軸にして完全に飲み過ぎたという自覚がある場合は寝る前にハイチオールC+しじみ習慣を飲んで、さらに起きた時にハイチオールCを飲んで二日酔い対策をしています。

その他の二日酔い対策でいうと、とにかく水を飲む、飲んだ後のシメに蕎麦かうどんを食べると僕の場合二日酔いになりにくいという感覚があります。

朝起きた時にお腹が減って気持ち悪いけど食べると吐きそうみたいな状況は辛いので食べられるうちにお腹を満たしておくことはオススメです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする