ゴルフバッグの郵送にかかる料金やカバーの準備、届くまでの日数について

最近ゴルフを始めてこの前初めてコースに出ました。

しかし、コースに出る前にそもそもゴルフバッグをどうやって送るか、郵送の方法や料金、カバーはどうやって準備すればいいのか、届くまでどれぐらいの日数がかかるのかなどわからないことだらけだったので初心者的な目線からゴルフバッグの郵送について調べてみました。

スポンサードリンク

ゴルフバッグの郵送にかかる料金はいくら?

ゴルフバッグの郵送にはどれぐらいの料金が必要になるのでしょうか?
ゴルフバッグの郵送を扱っているサービスはいくつかありますが、僕が調べた中で一番料金が安いと感じたのがクロネコヤマトのゴルフ宅急便です。

ヤマト運輸のゴルフ宅急便

他にも佐川とか色々あったのですが、僕の条件で料金を調べてみたらこのゴルフ宅急便が一番料金が安いという結論に達したわけです。

本当はゴルフ場に往復のゴルフ宅急便で送ると帰りにゴルフ場で伝票を書く手間が省けるみたいなのですが、そもそもシステム自体をよく理解していなかったのでとりあえず一緒にプレーする人の家に送りました。(笑)

なので片道だったのですが、東京⇒千葉で1404円でした。
ゴルフバッグによってはサイズも変わるかもしれませんが自分の場合は120サイズでした。

ちなみに集荷の際に近くのコンビニやヤマトの取扱店や営業所に持ち込むと100円割引になるのですが、それすらも面倒なので自宅集荷です。

さらにクロネコメンバーズに登録すると配送料金が最大15%割引になるので本当は使いこなせばもっと安い料金で郵送することができるのだと思います。

なのでやっぱり料金的にはヤマト運輸が一番いいのではないでしょうか?
もちろんちゃんと届けてくれましたし。
クロネコメンバーズで持込みをした場合の料金を調べてみると自分のケースでは1164円でした。

WEBから申し込めば時間指定で自宅まで集荷してくれます。その時に送り状も一緒に持ってきてもらえば自宅にいながら手配をすることも可能です。ちなみに僕の場合はマンションのロビーに送り状があったのでそれを使いました。

スポンサードリンク

特に普通の送り状と変わりありませんでしたが、もしかしたら往復でゴルフ宅急便を頼む場合は違う送り状になるのかもしれません。

ゴルフバッグの郵送の時のカバーはどうする?

ゴルフバッグを送る時に最初はそのまま送ろうとしていました。(笑)
きっとカバーは勝手に運送会社のほうでやってくれるのだろうと・・・。

が、調べてみるとゴルフバッグの郵送時のカバーは自分で用意しないといけないことがわかりましたが、ヤマト運輸の場合、自宅集荷の際にはWEB申込みの備考の欄にゴルフカバーも一緒に持ってきてくださいみたいなことを書いておけば持ってきてくれます。

簡易的なゴルフカバーで562円でした。
コンビニなどに持ち込む場合でも店舗に置いてあるのでそれを購入すれば良いみたいです。

ただゴルフに良く行く人に聞いたところ簡易カバーだと割とすぐに穴が開いたりするのとゴルフ場に送る場合見分けが付かなくなるから専用のやつを買ったほうがいいよとアドバイスされました。

今のところ2回しか使っていませんしゴルフ場に直接送っていないので問題はありませんが、カッコから入るタイプなのでそのうちゴルフカバーもちゃんとしたのを買おうかと思います。

ゴルフバッグの郵送にかかる日数は?

僕の場合はゴルフ場に直接郵送したわけではないので日数はあまり気にしていませんでしたがプレーする前日までに届いていればOKのようです。

ゴルフバッグの郵送にかかる日数は運送会社のHPで検索できます。
ヤマト運輸のゴルフ宅急便の予定日検索

電話でも問い合わせれば教えてくれます。
隣県であれば大体2日後には届くでしょう。
コンビニでもプレーの2日前までに出せばきちんと届くようです。

あとがき

ゴルフの郵送について調べてみると意外にプレーの当日に届いていなかったということも起こるみたいなのですが、その場合はクラブやボールをレンタルすることになります。

その時に送り状の控えをきちんと保管していれば運送業者側で負担してくれるようなので送り状の控えはプレーの日までちゃんと保管しておきましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする