痛風に関する症状や原因、対処や対策の仕方から予防方法を調べてみた

朝起きた時、足に痛みが走った時、急にピリピリ足が痛い時、まず疑う「痛風」その名の通り風が当たっただけでも痛いという痛風とは一体どんなものなのか。またなってしまった時の対処法は。ならない為の予防法は。

痛風でお困りの方を少しでも救えればと書いていきますのでご覧ください。

スポンサードリンク

痛風の症状とその原因

痛風とは尿酸と呼ばれる老廃物が血液
の中に増え、発作を起こして激しい痛みに変わる病気です。
主な症状としては足の関節が腫れて激しい痛みに襲われることです。
親指から始まる事の多い痛風ですが人によっては付け根や足の甲に痛みが走る事もあります。

僕は経験がないのですが聞くと骨折と同じぐらいの激痛だそうです。
骨折もした事がないのでイメージが湧きませんがとにかく痛いということですね。笑

原因としては激しい運動の睡眠後や暴飲暴食をした後の睡眠後に起こりやすいそうです。

もう少し詳しく書いていきます。
始めに書いた通り、原因は尿酸という物質が多くなる事で発作が起き、痛風となります。
尿酸は一定量誰の体にもあるものですが多くなると痛風だけにとどまらず、腎障害や尿路結石になってしまう恐れもあるので注意が必要です。

対策については後ほど。

痛風にはわかりにくいものの、足がピリピリしたりといった初期症状がありますので痛風かも。と疑いがかかった時点ですぐに病院にいきましょう。

また健康診断の血液検査で尿酸が一定量より多いこと時わかりますので健康診断は定期的に受ける事をオススメします。

痛風の対処法と対策

痛風の痛みは通常どこか一箇所に現れ夜中から明け方にかけて感じた事のない痛みに襲われる事が多いようです。
パニックになりがちですが誤った処置をすると逆に悪化するおそれもありますので正しい対処をして痛みを和らげましょう。
ほっておいても徐々に痛みは消えていきますが治ったわけではありませんので注意が必要です。

スポンサードリンク

まず痛風の痛みが襲ってきた時にアルコールで痛みを和らげようとする行為は御法度です。
悪化してしまうので絶対にやめましょう。
あとマッサージなどで痛い場所を触る行為をしてしまいがちですがこれも悪化の可能性があるのでダメです。

まず患部をビニールにいれた氷などで冷やしましょう。
保冷剤などでも大丈夫です。
鎮痛剤なども大丈夫です。
とにかく痛みを和らげて安静にしましょう。
これが痛風の痛みに襲われた時の対処法です。
痛風にならない為の対策としてはアルコールを控える事。
あと、飲み物は極力水やお茶にする事です。
アルコールは尿酸を増やす原因になります。
飲み物の摂取は尿酸の排出量を増やすのでいいとされますが、水やお茶が一番いいとされています。

痛風の予防方法

説明している通り、痛風の原因は尿酸値が高い事で起こるので予防としては、その尿酸値を上げないという事です。
しかしそのコントロールは中々難しく、痛風には遺伝性もあるとされているのでならない為に完璧に予防する事は至難の業ですがいくつか紹介していきます。

痛風は肥満の方に起こる傾向にあるので肥満を解消する事は予防に繋がります。

肥満を解消するには適度な運動です。
仕事をしていると欠かさず運動をする事は中々難しかったりしますが毎日ストレッチをするだけでも違うようですので肥満の方は実践してみましょう。

説明した通り水分の摂取も良しとされています。
水分を多く摂る事で尿酸を体外へ排出します。しかしその飲み物は水かお茶に限ります。

また尿酸はプリン体が大きく関わっていてプリン体摂取は尿酸値を上げる事になってしまいます。

食べ物や飲み物ではプリン体の数値にも気をつける事が重要です。

あとがき

痛風は男性に多く見られ、女性に比べると圧倒的な数値が出ています。
男性の方は特に注意し、なってから対策する事を極力避け、ならない為の対策と予防をしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする