ドラゴンポーカーのフェアリーを効率よく集め、強くなる方法と使えるキャラについて

数ある人気アプリの中で僕がオススメするのは「ドラゴンポーカー」です。
無課金で充分遊べる上にゲーム性が面白いんです!

ルールはシンプルでポーカーの役を自分の持っているモンスターカードで揃えて、役に応じた攻撃力と発動するスキルで敵を倒すというものです。携帯アプリの中でパズ○ラやモンスタースト○イクなど自己満のアプリが多い中ドラゴンポーカーは常に仲間と協力してプレイします。

最大5人まで共にプレー出来て、ダンジョンやコロシアムで楽しめる最高のアプリです。もちろん一人で遊ぶことも可能です!そんな携帯アプリドラゴンポーカーの強くなる秘訣をお教え致します。

スポンサードリンク

ドラゴンポーカーのフェアリーを効率よく集めるには

アプリ、ドラゴンポーカーに登場するフェアリーとは正式ネームがスキルフェアリーと言います。スキルフェアリーは名前の通りモンスターのスキルを上げてくれるのです。

最高ランクレアリティSS、SS+はスキルが最大7まで上がります。高ければ高いほどスキルの威力が増します。スキルフェアリーでスキルを上げるだけなのですが意外と難しいのです。

フェアリーのレアリティはR、S、SS、GODと四段階でレアリティが上がれば上がるほどスキルを上げる際のパーセンテージが上がります。フェアリーは数を集めれば進化が可能で、Rが三枚でS、Sを二枚でSS、SSを五枚でGODというようにとにかく複数枚必要なのです。

そしてモンスターのスキルはかなり重要なものでフェアリーなくして強くはなれません。ではそんなにたくさんどうやって集めればいいのか。効率の良いやり方をご紹介します。

手に入れる方法はたくさんあります。ダンジョンの報酬、ドラゴンメダルで交換、レアガチャ、フェアリーダンジョンです。その中で最も効率がいいのはフェアリーダンジョンです。一回で六枚のRが手に入ります。しかしこのダンジョン土日限定なのです。

なのでいつでもいけるものではありません。土日でとにかくぶん回して手に入れるのが一番効率がいいと言えます。またキャンペーンでたくさんレアガチャが引ける事もあるのでキャンペーン中はそちらも効率がいいでしょう。

ドラゴンポーカーの使えるキャラとは

使えるキャラは山ほどいます。笑
絞れと言われるとかなり難しいです。というのもスキルの種類がたくさんあるからです。

スポンサードリンク

斬、突、打、咬、爪、火、森、水、回復、盾、合体、状態異常、パラメーターダウン、パラメーターアップというように主に14種類あります。他にも特殊なモンスターもいますが。アタッカーと補助で分けると2種類ということになります。

僕が始めた頃初期の頃は最高レアリティのSSのモンスターが数えるぐらいしかいなかったのですが、今や何匹いるのか見当もつかないぐらい多いです。笑

なので自分のデッキにあったキャラを使うのが一番いいと思います。同じスキルでも内容の違うモンスターばかりですのでそこを理解してデッキを組みましょう。イベントごとに敵の弱点も変わりますので弱点をうまく突けるようにデッキを組みましょう!

ドラゴンポーカーで効率よく強くなるには

ドラゴンポーカーで効率よくすぐに強くなるにはレベルを上げる事が一番重要です。
強いカードを手に入れる事だと思いがちですが、そうではありません。なぜかと言いますと始めの頃に強いキャラをバンバン引いてもレベルが低いとコストが低くデッキに入れきれません。またレベルが低いといけるダンジョンも限られてきますので強いキャラがあっても強化に時間がかかります。

結果レベル上げが重要なのです。最高に効率のいいやり方がありますが強い友人が必要です。ダンジョンは乱入が出来るのですが強い人に入ってもらいそこに乱入することで一人では想像もできないほどの経験値が一瞬で手に入ります。笑

そこに経験値2倍ブーストというものを使用して2倍にすることでレベル100ぐらいだったらすぐなれます!この方法で僕の周りのドラゴンポーカーを始めた人は一瞬で強くなり、いまや無課金の僕を簡単に抜いていきました。笑

皆さんも是非このやり方を試してみてください!

あとがき

ご紹介したアプリ、ドラゴンポーカーは本当に面白いです!
ちなみに僕は1100日連続ログインを達成しました。

無課金で全然楽しめる理由は強いカードが手に入りやすいという理由とやる事が単調じゃないので飽きないと理由だと思います。最高レアリティのSSはがちゃで手に入りますが、パーセントでいうと7パーセントで出ます。中々現実的な数字だと思います。
キャンペーンでタダで貰えたりイベントで手に入ったりもする為、無課金で遊べるんです!

簡単に説明してきましたが本当は書ききれないほどもっと奥が深いです!
これを機会に皆さんも始めてみましょう!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする