料理の大さじ・小さじは何グラム?1カップは何ml?少々はどれくらい?

料理で使う大さじ、小さじは何グラムなのでしょうか。

そして、1カップは何mlなのでしょうか。少々とはどのくらいのことを言うのでしょうか。

レシピを見てるといつも迷います。そんな悩ましい問題をまとめてみました。

スポンサードリンク

mlと㏄とgは同じでいいのか?

単位はとてもややこしいです。結論から言いますと㏄とmlの表す量は同じです。

厳密に言うと㏄は空間から量を表した単位(キュービックセンチメートルの頭文字)でmlは体積から量を表した単位(水では1kgの体積は1ℓつまり1,000ml)です。

体積当たりの重さは物によってさまざまなので一概には言えません。重さは必ずしも一緒にはならないので注意しましょう

ml = ㏄ ≠ g

gで表記されているものはできるだけ重さを量るようにしましょう。レシピや料理番組ではそこも考慮されて記載されていますのでそれに従うのが吉だと言えるでしょう。

1カップって何ml?

日本で使われる計量カップは、ほとんどが200ml入りのもの使用します。

一部180ml入りのものを使うところもあります。これは米に使う計量カップで、尺貫法の「合」の名残と言われています。

ですのでレシピや料理番組で出てくる1カップは200mlのことだと考えていいでしょう。

スポンサードリンク

大さじ、小さじの由来は?

大さじは大匙、小さじは小匙と漢字では表記します。匙とは昔でいうスプーンのことです。昔はスプーンに○○杯ぐらいという計り方をしていたのでしょう。

代用品としてペットボトルの蓋が便利です。ペットボトルのキャップ2杯分が大さじ1杯と同じ量になります。

ペットボトルの蓋×2杯 = 大さじ1杯

憶えていてくださいね。

大さじ、小さじの量は?

大さじは15ml

小さじは5mlです。

固体のもの(砂糖や塩や小麦粉など)を量るときは押し込まずに計量スプーンで山盛りに盛ってから、山状になった部分を削り取るように量ると正確に量れます。

液体のもの(料理酒や醤油など)を量るときは水平にして溢れる直前まで入れると正確に量れます。

「少々」とか「ひとつまみ」ってどれぐらい?

料理番組やレシピで少々とかひとつまみという表現をよく見ます。

実際に何グラムのことを指すのでしょうか?

定義として少々とは小さじの約半分を指します

塩で言いますと小さじ1の5mlで約6gとなりますので、正確には3~4gを表します。

ひとつまみとは小さじの約3分の2を指します。塩で言うと4~5gです。

しかし料理の工程で計ってられないのも正直なところです。ですのでこういう感覚をご参考にしてください。

少々

指2本でつまんだ量

ひとつまみ

指3本でつまんだ量

女子栄養大学の創始者である故香川綾先生が、多くの経験とデータを元にして導き出したものなのですが、今や「日本での基準」となっています。

あとがき

いかがでしょうか。

料理の大さじ、小さじが何グラムか、1カップは何mlなのか、少々とはどのくらいなのか、おわかりいただけたかと思います。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする